絵本専門士・柴田香の絵本のトビラ⑦ 「体験とリンクする」

4月スタート!

こんにちは。
絵本専門士・柴田香です。

このコラムを書いているのは4月5日、いま福岡は桜が満開でとても綺麗です。
わざわざお花見、とまではいかなくても、思わず立ち止まって桜の木を見上げてしまいますね。

新しいスタートを切る方はもちろん、昨年度と大きな変化はない方でも、なにかピシッと気持ちが引き締まるような気がするのではないでしょうか。

「体験」とリンクする!

さて、そんなおでかけ日和が続く先週の日曜日、5歳の息子のお友達家族と一緒に、福津市の「くわの農園」さんへいちごの収穫体験に行ってきました。



いちごがどうやってここまで大きくなったのか、
どのような点に気をつけて収穫するのかなどの説明をきき、
赤く、おおきく、つやつやのあまおうを丁寧にていねいに収穫します。


思い出したのは、絵本『いちご』。


平山和子さんのえほんは『おにぎり』『くだもの』など、
リアリティーある絵がとてもとても魅力的なのですが、わたしはこの『いちご』もだいすき。
畑のようすも、だんだん赤く色づくようすも、さいご、食卓に並ぶようすも。

わたしは、絵本や物語の世界は「体験とリンクする」ことで、
こどもも大人もそれを身のうちに咀嚼することができる、と考えています。
お話を「読む」だけでなく、実際に目で見てみる、音を聞いてみる、触ってみる、匂いを嗅いでみる、味わってみる、といった五感を活かすことで、より深くしっかりと理解することができます。

これは絵本に限らずですが、実際に「体験してみる」ことってすごく大事ですよね。
新年度は、そんな体験をたくさんたくさん重ねることができる、チャレンジあふれる1年にしたいと思います。


【書誌情報】
タイトル いちご
著者 平山和子さく
出版社 福音館書店
出版年 1989年4月
価格 900円+税


◎ブログ「【福岡・絵本専門士】えほんと短歌とこそだてと 柴田香のことのはLIBRARY」(http://ameblo.jp/koueue/)も随時更新中!

「リビングのコラム読みました!」とコメントいただけると嬉しいです。
ブログタイトル、リニューアルしています。

◎Facebookページ「ことのはLIBRARY」(https://www.facebook.com/kotono8/)はじめました!

絵本と短歌についてのビジネスページです。
こちらにもアクセスしてみてください。

◎絵本講座・選書アドバイス・文章執筆など承ります!

メール:kaoriueue@gmail.com もしくは

ブログ・Facebookのお問い合わせページ からお気軽にお問い合わせください。

◎福岡に講談社絵本キャラバンカー巡回中!

講談社 本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」が来年4月に福岡県内を巡回中です。
わたしも現地スタッフとしてお手伝いします。
詳しくは以下の特設サイトをごらんください。

お問い合わせ: 講談社・本とあそぼう 全国訪問おはなし隊http://www.kodansha.co.jp/ohanashi/