特ダネトピック 編集部発!耳より情報

日赤通りに金色の仏像あらわる!

日赤通りを通り過ぎる時、バスや車の窓からいつも気になっていたあの仏像。
あの大きな仏像がこのたび改修されたと聞いて、取材してきました!

29年ぶりのお色直し

今年40周年を迎える「お仏壇のコガ」。その、日赤病院横本店に高さ9メートルの〝お釈迦様〟が建立されたのは平成元年のことです。

それから29年という長い間、福岡市内でも有数の交通量を誇る日赤通りを見守ってきたお釈迦様。通勤や通学でいつも見かけているという人や、子どものころからずっと見ているという人も多いのでは?

そんなお釈迦様も長年の歳月で老朽化が進んできたため、今回29年ぶりの〝お色直し〟を実施。2017年2月10日(金)に、その落成を祝う「落成慶讃式」が行われました。
 

金色に輝くお釈迦様

改修前はくすんだ色になってしまっていたお釈迦様ですが、無事にお色直しを終えたその姿は遠くからでもわかる金色に! 


近寄って見上げてみると、心なしかスッキリと晴れやかな表情にも見えてきませんか。


慶讃式を執り行った浄運寺の住職からは「晴れの日も、雨の日も、そしてこんな雪の日も(※この日は吹雪でした!)、これまで30年近く私たちを見守ってきてくださったお釈迦様。お色直しをして、またこれからもずっと見守ってもらえると思うと心強いですね」と講話もありました。


年度末も差し迫り忙しい毎日ですが、今度日赤通りを通る時には少し足を止めて、金色のお釈迦様をそっと見上げてみませんか。

※ちなみに仏像全体では9メートルですが、そのうち2メートルが台座、7メートルが仏像の高さ。7メートルの“7”は、悟りの世界へ進むことを意味する「7歩」に由来しているそうです。

※この記事の情報は2017年2月10日現在のものです。
 
金色のお釈迦様が見られるのは…
お仏壇のコガ日赤病院横本店 福岡市南区大楠3-3-1