グルメ&レシピ オ!ススメ

「キリン 生茶」をブラッシュアップ、〝コク&まろやかさ〟がアップ!

2016年3月の大幅なリニューアルにより、売り上げが前年比144%にも伸びているという「キリン 生茶」。ひと口飲んで「変わった~!」とハッキリ分かる、余韻のある飲み味。見た目もスタイリッシュなボトルに変わり、きっと手に取る機会が増えた人も多いのでは?

 
そんな「キリン 生茶」が、2017年3月7日(火)に、〝さらにまろやか、よりコクのある味わい〟へとブラッシュアップされます。キリンビバレッジ株式会社の方々が、新しくなった商品のPRで来社しました。


 

「キリン 生茶」新たなおいしさの秘密は?

おいしさの秘密は、より丁寧に微粉砕された「かぶせ茶」。茶葉を低温でじっくり抽出した後、微粉砕して大きさを丁寧に仕上げた「かぶせ茶」の粉末茶を加えることで、昨年のリニューアル時から好評の「お茶のいいところをまるごと引き出した緑茶」という味覚の基本設計はそのままに、コク&まろやかさがさらにアップしているそう!
 

サイズも豊富に展開

ガラス瓶をイメージしたモダンでスタイリッシュな「グリーンボトル」。従来の525mlに加え、少量の300mlペットボトルを新発売。自動販売機用の430mlも、グリーンボトルになりました。いつでもどこでもシーンを選ばず、「キリン 生茶」を楽しみやすくなりますよ。

キリン 生茶 300mlペットボトル

暖かくなったら、春のおでかけやピクニックのおともに、ぜひ新しくなった「キリン 生茶」はいかが?