くらし 特集(ライフ)

大人だって速く走りたい!速く走るためのフォームやトレーニングを紹介

春に開催されることも多い運動会。保護者が参加するプログラムでかっこよく走りたいものですね。しかし現実は甘くない!

速く走るためのフォームや、転んでケガをしないよう、日常にできるトレーニングなどを九州共立大学スポーツ学部教授の船津京太郎さんに教えてもらいました。

 教えてくれたのは 
九州共立大学スポーツ学部
教授 特定非営利活動法人LAC 代表
船津京太郎さん(写真中央)

モデル/
同大学陸上部4年の船木さん(写真左)
年の椎葉さん(同右)
“走る”ということは、足を速く動かすことではなく、上半身を運ぶ運動といえます。スムーズに上半身を移動させるには、スタートとともに疾走している時の姿勢が大事です!かけっこ、リレーなどは、スタートで順位がほぼ決まるほどです。

 

スタートの姿勢

地面と体の傾斜が45°くらいになるように前傾。その姿勢を保ってスタート。上半身の姿勢が保たれていれば、見た目もかっこよく、スピードもおのずと上がります。

中間疾走の姿勢

スタートして上半身が起き上がってきたら、上半身を反らさずに、少し前傾姿勢にしておくと脚が自然と前に出ていきます。

腕の振り方

太鼓をたたく際に、撥(ばち)を振り下ろすような感じで腕を振ります。指先は鼻先くらいの高さまであげましょう。大振りではなく、コンパクトに!

脚の上げ方

かかとが反対の脚の膝の横を通過するように。

足の踏み出し方

地面を“蹴るように”ではなく、足裏の拇指球(ぼしきゅう)あたりが地面を“押す”イメージで。

 

 

学校のグラウンドは、狭くてコースのカーブも急。ここで追い抜こうとすると転びやすく、ケガの元。ここは頑張りすぎず直線コースでスピードアップ! 

>次のページはトレーニングや走る前のストレッチなどを紹介!