みっけ! 太宰府で会席料理に舌鼓

こんにちは〜。oga_kです。
寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
先日、母の古希のお祝いで前々からずーーーっと気になっていたお店に行ってきました。
そのお店は住宅街にあり、ちょいちょい前を通るのですが、昼も夜も駐車場はいっぱい。いい意味でただならぬ雰囲気を感じます。(笑)

まずは里芋のあんかけ。いいお出汁が香る一品。食欲が刺激されます。

お次は八寸。繊細な盛り付けに感動♪
お酒が飲みたーい!!(笑)

そして椀物。こちらも上品なお出汁で、いつまでも飲み続けたいほど。口の中でとろりとほどけるカブ。つみれ(何だったかメモし忘れたぁ〜)は、告白しそうになるくらい♪

柔らかく上品なうま味が広がる鰆や、ごりごりと歯ごたえのいいカンパチなどの旬の魚が味わえるお刺身も◎

焼き物はオレンジを器にしたオーブン焼き、甘鯛の西京焼き、フキノトウの天ぷら。どれも美味。

なんと、すき焼きも!
(こちらは煮物になるのかなぁ?)
すき焼きといえば、普通は卵につけて食べますが、ここでは山芋と卵黄を混ぜたつけだれでいただきます。

初めての食べ方でいただくと、これがまたイイ! さっぱりとしていて、いくらでも食べられそう。家ですき焼きをするときにマネしてみよーと。

ホタルイカ、平目の昆布締め、山芋の酢漬け?といった止め肴のあとはお食事。

最後の水菓子。あ~、し・あ・わ・せ。

盛り付けも美しく、器も素敵。どれも手間のかかった一品。おかげさまでなんとも贅沢な時間を過ごすことができました。

今回、いただいたのは夜の会席。5400円。2階の個室を利用したのですが、1階はカウンター席のみ。カウンター越しに料理人の仕事ぶりを見ながら食事が楽しめるので、次回は少人数でカウンター席で味わいたいなぁ♪  

福岡の観光といえば太宰府天満宮ですが、参道のお店などは夕方には閉まるところも多いので、そのあとどこへ行こうかと悩む人も多いはず。ランチもいいですが、太宰府散策の後はしっとり落ち着いた空間で夕食をいただくのもオツですね。

料膳 にし川

太宰府市向佐野1-3-5
※完全予約制
※料理内容は季節や仕入れにより異なります



 
地域レポーター oga_kさん
生まれも育ちも福岡のアラフォー2児の母。
週末は楽しい!おいしい!を求め、愛犬とともに西へ東へ