くらし よのなかのしくみ

プレミアムフライデー

月末の金曜、早めに帰って楽しい時間を過ごしてもらおうという「プレミアムフライデー」。いつもより早く帰ることができたら、何をしますか。

話題の「プレミアムフライデー」
豊かで充実した週末の始まり

毎月の月末金曜の早い時間に退社して、いつもより余裕のある時間で、充実した生活を過ごそうという「プレミアムフライデー」。経済産業省と流通、旅行、サービス業などが一体となった取り組みで、いよいよ2月24日(金)から実施されます。

◆早めの退社が充実した生活のきっかけに

週末の金曜に早く退社できたら、何をしますか?

「金曜の夕方に出発して日曜まで2泊3日の旅行に行く」「閉館時間を気にせず買い物を楽しむ」「映画をゆっくり見る」「夕食を作って家族みんなで食べる」「夫婦や子どもとの時間をつくる」など、時間に余裕ができれば活動の幅や人とのつながりも広がります。それぞれの充実した時間を過ごすことができそうですね。

◆官民一体の取り組み

「プレミアムフライデー」は、毎月最後の金曜に早めに退社することで、一人ひとりが生活の中で豊かさなどを感じることができる時間の過ごし方を提案していく取り組みです。

さまざまな業態の企業やコミュニティーなどが、皆さんにとって“幸せ”や“楽しさ”を感じられる商品やイベント、サービスなどを提供しようというものです。

経済産業省では、①充実感・満足感を実感できる生活スタイルの改革への機会、②地域等のコミュニティー機能強化や一体感の醸成につながる、③デフレ的傾向を変えていく、などの効果を期待しています。

また、全国的、継続的な取り組みとなるよう、官民連携で「プレミアムフライデー推進協議会」も設立され、「プレミアムフライデー」の統一ロゴマークが用意され、協議会事務局のホームページ(https://premium-friday.go.jp/)に申請すれば無償で使用できます。各業界が「プレミアムフライデー」に連動した商品やイベントなどを各地で企画しています。

2月24日からの毎月最終金曜は、ロゴマークを目印に、自分だけの“プレミアム”な金曜の過ごし方を考え、生活スタイルを見直すきっかけにしてみませんか。

経済産業省
商務流通保安グループ流通政策課
渡邊 賢一さん