技ありの人間関係

  • 気づかい
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    気づかい

    ある女性の体験談。知らない初老の男性と2人でエレベーターを待っていたそうだ。ドアが開いた。自分が先に乗り込んだ。するとその男...

  • 向田さんありがとう
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    向田さんありがとう

    「孤独のすすめ」や「お一人様」など「“ひとり”を楽しめるように」と言われるようになった。自立した一人は孤立とは違い、連帯もで...

  • 新春3話をあなたへ
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    新春3話をあなたへ

    先の見えない状態でも我慢できる力を「ネガティブ・ケーパビリティ」と呼ぶそうだ。「負の能力」などと訳される。私は「不思議や奇跡...

  • 孤独とわっか
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    孤独とわっか

    「誰でも“孤独”な気持ちになると分かって楽になりました」。学生からのコメントである。「孤独」と「孤立」の違いを学生に説明した...

  • 最強の2人
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    最強の2人

    「わかっていたつもりでわかっていなかった」と反省したことがあった。中学の同窓会に行った時のことだ。会場は昔の面影を残したおじ...

  • ズレとズラ
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    ズレとズラ

    うっかりしていた、郵便はがきは62円だった。10円不足で戻ってきた。先方の準備した返信用はがきが52円だったのでブツブツ文句...

  • 耳から入る毒
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    耳から入る毒

    幼いころマンガを見ていると母親に「これは目の毒だ」と言われ、本を取り上げられたことがある。では耳から入る毒もあるのだろうか。...

  • こころと言葉
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    こころと言葉

    朝、玄関に並ぶ靴の1つに「今日はお前を“履いてやろうか”」とふざけた。それを耳にした妻。「その言い方はやめなさい。靴に対して...

  • ウルトラマン飛べ!
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    ウルトラマン飛べ!

    大学院に進学するゼミ生に言われた。「1年の時に大学を辞めようと先生に相談した。先生は、“ここで頑張れ。そのうちにここに来た意...

  • 性別違和
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    性別違和

    違和感とは生理的・心理的にしっくりこない感覚である。その本当の怖さを経験した。寝床から起き上がったとたん、周囲の景色がグルグ...

  • 初春から何してんだか
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    初春から何してんだか

    運が良いのか悪いのか分からないことってある。講義を終えて、後片付けに手間取っていた。突然、教室の照明が切れて真っ暗になり「ガ...

  • 知能対決
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    知能対決

    テレビ番組で「人間の知能をはるかに超える人工知能」と言っていた。本当だろうか。

  • 感情道具論
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    感情道具論

    「気力は目に、生活は顔に、教養は声に、心に秘めた感情は口の周りに出る」と言われる(土門拳)。…

  • お見事
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    お見事

    ある言語学者は70歳を過ぎて新友(しんゆう)を創ろうと決意する。仲間にする条件を設けた。①仕事が自分と違う人。②頭が良すぎな...

  • とぶ時間
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    とぶ時間

    名作「ゾウの時間とネズミの時間」の解説絵本を読んだ。目からうろこだった。著者は「本川達雄」。生物学者である。

  • お父さんごめんなさい。この程度で。
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    お父さんごめんなさい。この程度で。

    うちの父は造船所の工場長だった。面倒見のよい性格から多くの人が相談に来ていた。結婚の仲人も40組以上していたと思う。

  • 念ずれば花ひらく
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    念ずれば花ひらく

    出席カードの裏に書いてあった。「どうしても自分が何になりたいか分かりません。どうしたらいいですか」。まじめな学生の切実な質問...

  • 絵本を読もう
    ワタシの本音 技ありの人間関係

    絵本を読もう

    賢い人は身近にいる。子どもである。ことわざにも「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」とある。

前のページ 1 / 2 1 次のページ