美容&健康 アロマ日和

Vol3.アロマで虫よけ&虫に刺された時のアロマをご紹介します

アロマ空間デザイナー・アロマコンサルタント「AROMA-DIRECTION」 一刈 美穂です。

日中はまだまだ猛暑!

しかし、朝夕に夏の終わりを少しずつ感じるこの頃です。

Vol3.はアロマで虫よけ&虫に刺された時のアロマをご紹介します。

数年前から虫よけにアロマスプレーを使われる方も増えてきましたが、今回は虫に刺された時にお勧めのアロマ(精油)についてもお伝えします。

先ずは虫よけアロマについて。

市販の虫よけスプレーは強めの化学薬品の使用により、独特な臭いが苦手な方、肌が敏感な方、子どもさんへの使用を敬遠される方から《アロマを使った虫よけスプレー》のご相談が増えてきました。


なぜ、アロマが虫よけに効果があるのでしょう?


植物は害虫などから身を守るために、虫が嫌がる成分を生成する忌避効果があると言われています。

それを利用したのがアロマによる虫よけです。

植物により避けたい害虫が違うため、虫によっても忌避効果のあるアロマは異なります。

今回は「蚊」を寄せ付けないアロマをご紹介します。



■蚊が苦手なアロマ(精油)6種類

①ユーカリレモン(ユーカリ・シトリオドラ)

②ゼラニウム

③シトロネラ

④レモングラス

⑤ペパーミント

⑥ラベンダー


■虫よけアロマスプレーの作り方

<材料>

・無水エタノール 5ml

・お好みの精油 合計10滴(例:ユーカリレモン3滴+ゼラニウム3滴+ペパーミント2滴+ラベンダー2滴)

・精製水 45ml

<手順>

1.スプレー容器に、無水エタノール→エッセンシャルオイル→精製水の順に入れて完成です。 

2.その都度、よくかき混ぜましょう。 


■アロマスプレーの用途

洋服や、網戸、室内にスプレーできます。

子どもさんのために、キッチンペーパー等に噴霧し、ベビーカーやベビーベッドの周りに吊り下げるのもおすすめです。

大人の方で敏感肌でない方には直接肌にスプレーもだけます。

※汗や、時間の経過で虫よけの効果は薄くなります。日に1度だけでなくこまめに噴霧しましょう。

※防腐剤が入っていない為、水が腐敗しないように、2週間を目安に使い切りましょう

※精油は植物から抽出された油分のため、精製水に完全には溶けません(表面にオイルが浮いた状態です)使用前に必ず軽く振って下さい。

※精油は1種類だけでなく、3種類ほど混ぜると効果的です。

※殺虫効果ではありません。虫を寄せ付けない穏やかな防虫効果としてご使用ください

<使用上の注意> 

※体調によっては皮膚刺激を感じる場合があります。すぐに大量の水で洗い流し、使用を中止してください。

※3歳未満の乳幼児・ペットには使用しないでください。

※台所等、火気のあるところで使う時には注意しましょう。 

蚊に刺されてしまったら…


もし、知らぬ間に蚊に刺されてしまったら、殺菌・消毒効果のあるアロマ(精油)を加えたワセリンクリームを患部に塗って炎症を和らげましょう。 

■炎症を抑えるアロマ(精油)5種類

①ゼラニウム ・・・・・ 殺菌・消毒の働きで痛みを和らげる 

②ティートリー ・・・・ 殺菌・消毒の働きで炎症を抑える 

③フランキンセンス ・・ 傷の治りを早める 

④ラベンダー ・・・・・ 殺菌・消毒の働きで炎症やかゆみを抑える 

⑤カモミール ・・・・・ かゆみや腫れを和らげる



■手軽にできる、虫に刺された時のクリームの作り方

<材料>

ワセリン 10g

お好みの精油 5~10滴

<手順>

ワセリンに精油を入れよく混ぜると完成です。

※1ヵ月を目安に使い切りましょう。


虫刺されの跡は秋になっても残りやすいものです。

アロマの優しい効果で早めに痒みがなくなるといいですね。

精油を安全に使われるために守っていただきたい10の注意点


①精油は、少量でも皮膚に刺激を与える可能性があります。精油の原液を直接肌に塗らない・付けないように気を付けてください。また、必ず使用量を守ってください。

②精油を決して飲まないように。誤飲は大量の水を飲みましょう。

③刺激を感じたら、使用を中止しましょう。また、目の周りや皮膚の弱い所の使用は控えてください。

④3歳未満の乳幼児には、芳香浴以外精油は使わないように。
3歳以上8歳未満のお子さんも、大人の使用量の1/2程度までを限度として使用しましょう。

⑤火気に注意。精油は濃度が高く、引火する可能性があります。台所の使用には十分に注意。

⑥妊産婦やお年寄り、既往症のある方は、専門家にご相談の上、ご使用ください。

妊娠初期から安定期に入るまでは使用してはいけない精油
ゼラニウム、ラベンダー、カモマイル、メリッサ(レモンバーム),パルマローザ、ユーカリ

妊娠中使用してはいけない精油
クラリセージ、ペパーミント、スペアミント、マージョラム、サイプレス、ジュニパー、
スウィートフェンネル、バジル、パセリ、ジャスミン、ローズ、ローズマリー、シダーウッド、 ミルラ(没薬)、レモングラス、セージ、ヒソップ、ペニーロイヤル、タイム、ベイリーフ(ローレル)

⑦生理の重い人は避けたほうがよい精油
クラリセージ、ミルラ(没薬)、セージ、バジル、ジュニパー、フェンネル、ローズマリー

⑧高血圧の方の注意
ローズマリー・タイム・セージ・ペパーミント・バジル・グレープフルーツの使用は避けましょう。

⑨光感作作用(光毒性)のある精油の注意点。
果皮から採れる精油は日光に当たると日焼け、しみの原因になる場合があります。

⑩保存方法と使用期限・扱い方・購入の際の注意点。
特に湿度が高い浴室や直射日光を避け、キャップをしっかり閉め風通しの良い冷暗所にて。15度~20度の場所が理想。真夏だけは、密閉容器に入れ、冷蔵庫の野菜室へ。

使用期限は開封後1年。圧搾法で抽出した柑橘系は半年が目安です。

お子さんやペットの手の届かない場所に保管してください。茶か青の遮光ビンに入った精油を、静かに傾け雫が落ちるように使いましょう。

購入の際は《エッセンシャルオイル》《精油》など植物100%表示の物をアロマ専門店で、お好みの香りを、少量からお買い求めください。
アロマ空間デザイン事務所「AROMA-DIRECTION」代表。銀行勤務、人材派遣会社代表等を経、1996年東京在住中に当時日本唯一のアロマテラピースクールにてアロマの第一人者栗崎小太郎氏に師事。百貨店・病院・介護施設・ゴルフ場・飲食店・オフィス等にAROMA-DIRECTIONオリジナルの香りを調合し毎月変わるアロマ空間コンサル事業を展開。現在エアーステーションひびきFM88.2「一刈美穂のWakuWakuな時間」ラジオパーソナリティー(毎月第4火曜15:00~16:00)。熊本小国町森林組合と北九州市との共同プロジェクトによる小国杉アロマブレンド監修。アロマ講演会・商品開発等幅広く活動中。

《8月9月アロマセミナー*イベント》
8/19(金)10:00~12:00「暑い毎日をアロマで快適生活全3回①」徳力地域交流センター
8/26(金)10:00~12:00「暑い毎日をアロマで快適生活全3回②」徳力地域交流センター
8/26(金)15:30~16:00「北九州ゆめみらいワーク」アロマ講演会/西日本総合展示場
8/30(火)10:00~「体の中から整える~『認知予防のアロマ』企救丘市民センター
9/2(金)10:00~12:00「暑い毎日をアロマで快適生活全3回③」徳力地域交流センター
9/9(金)10:00~18:00 「小倉井筒屋逸品会(井華会)アロマワークショップ 小倉井筒屋
9/13(火)昼の部14:00~15:30/夜の部19:00~20:30「乾燥した髪に。さらさらヘアオイル&シャンプー&トリートメント」秘密基地
9/21(水)19:00~21:00「アロマ基本のキ初級編全3回③」秘密基地
9/28(水)13:30~14:10「女性の為の市民建築大学~もしもの時のアロマ使用法セミナー」ウェルとばた

《8月9月メディア出演予定》
8/23(火)15:00~16:00「一刈美穂のWakuWakuな時間」エアーステーションひびきFM88.2ラジオパーソナリティー
9/27(火)15:00~16:00「一刈美穂のWakuWakuな時間」エアーステーションひびきFM88.2ラジオパーソナリティー
詳細はHP(http://aroma-direction.jp/)にて。