美容&健康 アロマ日和

Vol.9 アロマで花粉症を緩和しましょう

アロマ空間デザイナー・アロマコンサルタント「AROMA-DIRECTION」 一刈 美穂です。

日一日と春めいてきましたね。

しかし…花粉症でつらい思いをされていませんか?
今回は花粉症の緩和に効果的なアロマをお伝えします。
 

「花粉症対策アロマ」と言えば…


「花粉症対策アロマ」と言えば代表的なものとしてユーカリがあります。コアラの好物で有名なユーカリですね。
古くから、オーストラリアの先住民であるアボリジニ人は、ユーカリを「キノ」と呼び薬草として利用し、傷を癒すのに木の葉を巻いていました。
ユーカリは何百という種類がある樹木。一般的に「ユーカリ」と呼ばれる精油は、「ユーカリ・グロブルス」の場合が多いです。

ユーカリ精油の種類


☆ユーカリ・グロブルス

のどにしみ渡るような刺激臭。すっきりとクリアであとに残らない軽めの香り。
刺激が強いので、乳幼児、お年寄り、気管支や肌が弱い方には適しません。

☆ユーカリ・ラディアータ

ユーカリラディアータは、ユーカリ・グロブルスと成分が似ていますが、比較的作用も香りも穏やかです。
香りはグロブルス種より、ウッディ調が強く感じられます。
乳幼児やお年寄りなどにも適しています。

☆ユーカリ・シトリオドラ

葉をもむとレモンのような香りがし、別名「レモンユーカリ」とも呼ばれています。
すっきりとした香りの中にレモンのようなフルーティな印象を持ちます。


ユーカリの5つの特徴


①鼻炎・鼻づまり・風邪・花粉症(強い抗菌力)

ユーカリの精油に含まれる「シネオール」という成分は、たんや鼻づまりの解消に効果があると言われています。
風邪予防や花粉による鼻づまりにも有効。
鼻やのどの呼吸器系のトラブルに優れた効果を発揮します。
免疫を強化する働きもあるので、風邪やインフルエンザの初期症状に利用すると回復が早まるようです。

②集中力アップ・気持ちの鎮静化

精神的に煮詰まっているときや、頭の中を一掃して意欲的な気持ちを取り戻したいときにおススメです。
気持ちを静めたり集中力をアップさせる効果があると言われています。
心に余裕を取り戻してくれる香りです。

③傷の回復を早める・抗炎症作用

癒傷作用があり、切り傷の回復を早めるのに役立ちます。
また、抗炎症作用があり、軽いやけどや発疹にも有効です。

④防虫効果(ユーカリ・シトリオドラがおすすめ)

シトラールを多く含んでおり、蚊が嫌うので虫よけとしても利用されています。

⑤消臭効果

お部屋のイヤな臭いを軽減できます。
湿気がこもる梅雨や夏にもおすすめ。
デオドラント効果が夏の汗ばむ季節に便利です。

その他花粉症対策にお勧めの3種類のアロマ


☆ペパーミント

鼻づまりの花粉症に。咳を鎮め、偏頭痛の緩和にも効果があります。

☆ティートリー

強い殺菌・抗感染作用・免疫増強。
シャープで清潔感のある香り。
マスクスプレーにお勧め。

☆ラベンダー

鎮静・殺菌に優れており、鼻づまり、炎症を鎮め呼吸を楽にし、すっきりさせる効果が期待できます。
ワセリンクリームにお勧め。
 

手作りの花粉症対策


【マスクスプレーレシピ】≪使用期限1か月≫

◆無水エタノール        5ml
◆お好みの精油         6滴
◆精製水            25ml

作り方:無水エタノールに《花粉症対策のお好みの精油》を入れ混ぜ、精製水入れ、よく混ぜ完成。

使用方法:マスクをつける時に、内側に2~3回吹き付けます。刺激が強く感じる方はマスクの外側に吹き付けて下さい。マスクに落として長時間にわたって吸い込むのは避けましょう。携帯用にもスプレーを是非、御持参ください。


【ワセリンクリームレシピ】≪使用期限1か月≫

◆ワセリン10g
◆お好みの精油 1~2滴

作り方:ワセリンに《花粉症対策のお好みの精油》を入れよく混ぜ完成。

使用方法:鼻の穴や目の周辺、鼻の穴の中に塗ることで、鼻や目に入る花粉をキャッチしてくれて、粘膜を刺激するのを防いでくれます。
目の周りにお使いの場合、ユーカリ・ペパーミントは刺激が強いため、使用しないでください。


≪ユーカリ精油の注意事項≫

ユーカリは、目、鼻、肌を刺激することがある、かなりパワフルな性質をもちます。
ぜんそくの人などは刺激が強くむせることもあります。
マスクに直接、落とすなどはオススメできません。

妊娠中は使用しないようにしましょう。

ユーカリの精油は高血圧症やてんかんの持病がある方は使用しないほうが良いでしょう。

※精油を使用した花粉症対策は医療・薬品ではありません。個人差があり、人によっては合わない場合もあります。ひどい鼻づまりについては医療機関での診察を受けてください。
≪お勧めの活用法≫

①手軽に香りを楽しむ方法

●ハンカチなどを使う
ハンカチやティッシュペーパー、コットンにアロマ(精油)を1~2滴垂らして、携帯したり身近な場所に置きましょう。睡眠時には枕元に置くのもお勧めです。
精油よってはハンカチがシミになる場合もあります。お気を付けください。

●マグカップなどを使う
マグカップやティーカップなどに熱めのお湯を入れ、アロマ(精油)を1~3滴垂らし身近な所に置く方法も手軽です。お湯が冷めたら熱いお湯を少し注ぎ足してください。
※間違って飲まないようにお気を付けください。

●ディフューザーに垂らす
火を使わない安全性の高いものをお使いください。

②アロマバス

原液ではなく塩または重曹大さじ1に3~5滴の精油を垂らし、お風呂に混ぜます。
※25kg以下のお子さん・高齢者の方には精油の量を半分にしてご使用ください。
アロマ(精油)は高濃度のため、原液を直接お風呂に入れると皮膚刺激を感じる場合があります。希釈してお使いください。

~つらい花粉症が少しでも緩和される事を願っております~


【精油を安全に使われるために守っていただきたい10の注意点】

①精油は、少量でも皮膚に刺激を与える可能性があります。精油の原液を直接肌に塗らない・付けないように気を付けてください。また、必ず使用量を守ってください。

②精油を決して飲まないように。誤飲は大量の水を飲みましょう。

③刺激を感じたら、使用を中止しましょう。また、目の周りや皮膚の弱い所の使用は控えてください。

④3歳未満の乳幼児には、芳香浴以外精油は使わないように。
3歳以上8歳未満のお子さんも、大人の使用量の1/2程度までを限度として使用しましょう。

⑤火気に注意。精油は濃度が高く、引火する可能性があります。台所の使用には十分に注意。

⑥妊産婦やお年寄り、既往症のある方は、専門家にご相談の上ご使用ください。

妊娠初期から安定期に入るまでは使用してはいけない精油
ゼラニウム、ラベンダー、カモマイル、メリッサ(レモンバーム),パルマローザ、ユーカリ

妊娠中使用してはいけない精油

クラリセージ、ペパーミント、スペアミント、マージョラム、サイプレス、ジュニパー、
スウィートフェンネル、バジル、パセリ、ジャスミン、ローズ、ローズマリー、シダーウッド、 ミルラ(没薬)、レモングラス、セージ、ヒソップ、ペニーロイヤル、タイム、ベイリーフ(ローレル)、

⑦生理の重い人は避けたほうがよい精油
クラリセージ、ミルラ(没薬)、セージ、バジル、ジュニパー、フェンネル、ローズマリー

⑧高血圧の方の注意
ローズマリー・タイム・セージ・ペパーミント・バジル・グレープフルーツの使用は避けましょう。

⑨光感作作用(光毒性)のある精油の注意点
果皮から採れる精油は日光に当たると日焼け、しみの原因になる場合があります。

⑩保存方法と使用期限・扱い方・購入の際の注意点
特に湿度が高い浴室や直射日光を避け、キャップをしっかり閉め風通しの良い冷暗所にて。15度~20度の場所が理想。真夏だけは、密閉容器に入れ、冷蔵庫の野菜室へ。

使用期限は開封後1年。圧搾法で抽出した柑橘系は半年が目安です。

お子さんやペットの手の届かない場所に保管してください。茶か青の遮光ビンに入った精油を、静かに傾け雫が落ちるように使いましょう。

購入の際は《エッセンシャルオイル》《精油》など植物100%表示の物をアロマ専門店で、お好みの香りを、少量からお買い求めください。
アロマ空間デザイン事務所「AROMA-DIRECTION」代表。
銀行勤務、人材派遣会社代表等を経、1996年東京在住中に当時日本唯一のアロマテラピースクールにてアロマの第一人者栗崎小太郎氏に師事。百貨店・病院・介護施設・ゴルフ場・飲食店・オフィス等にAROMA-DIRECTIONオリジナルの香りを調合し毎月変わるアロマ空間コンサル事業を展開。
現在エアーステーションひびきFM88.2「一刈美穂のWakuWakuな時間」ラジオパーソナリティー(毎月第4火曜15:00~16:00)。熊本小国町森林組合と北九州市との共同プロジェクトによる小国杉アロマブレンド監修。アロマ講演会・商品開発等幅広く活動中。