くらし アロマ日和

Vol.28 心を温め、眠りを誘うアロマ

アロマ空間デザイナー・アロマコンサルタント「AROMA-DIRECTION」 一刈 美穂です。

Vol.28 心を温め、眠りを誘うアロマをご紹介します。


10月に入り、気温の変化に体調を崩す方も見受けられます。自律神経のバランスも崩れやすいようです。

そんな時にお勧めしたい今回のアロマ(精油)はマジョラムです。

副交感神経を優位にしてくれるので、神経が高ぶり眠れない時にもお勧めです。

マジョラムの特徴


ほんのりとした甘さ、かすかにスパイシー調でハーバルな印象を持つ、都会的で温かみのある香りマジョラム。

神秘的な響きの名前の通り、古代より体と心を癒やし幸福感をもたらす薬草・香料・化粧品やフェラガモの男性用香水などに使われており、さまざまな用途に重宝されてきた魅惑的な香りです。

マジョラムはシソ科の多年草で、30~60cmほどの高さに育ち、日当たりの良い土地に生息します。

小さな卵形の葉をつけ、初夏には産毛に覆われた白や薄いピンクの可憐な花をたくさんつけます。

原産地はリビア・エジプトおよび地中海沿岸。精油は大部分、フランスで生産され、通常、葉や花穂から抽出されます。

ハーブとしては、ピザやトマトソースのスパイスに、イタリア料理でよく利用されています。

マジョラムの歴史と神話


幸福のしるしとしてヨーロッパで長く愛され続けてきたマジョラムは別名「スイート・マジョラム」、「ノッテッド・マジョラム」とも呼ばれています。

語源はラテン語の「major」(より長い・より大きい)を意味する「マヨル」という説があり、「より長く生きる=長寿」のハーブとして知られています。

マジョラムの学名は「Origanum majorana」(山の喜び)を意味するため、幸福をもたらすハーブとして新婚の夫婦に贈られ、マジョラムの花で頭を飾る習慣もあり、人々に喜びを与える力があります。

また、他界した魂に平安をもたらすとして、故人の冥福を祈り墓地にお供えしました。

ギリシャ神話に、「美の女神」アフロディーテ(ヴィーナス)がこの草に手を触れ芳香を放つようになったと記されており、アフロディーテが作ったハーブとしてヨーロッパでは定番の薬草の一つです。
花言葉は『常に幸福である』『恥じらい』『赤面』。

古代には恋愛成就のお守りに、中世では魔除けのお守りにも使われていたそうです。

マジョラムの香りには痛みを和らげる効果もあるといわれ、古代ギリシャでは長く薬草として使われていました。

17世紀ローマでは魔女狩りや宗教弾圧で伝統のある薬草は禁止されていましたが、遠く離れたイギリスで植物学者が活発に活動し始めました。

このころの書物にマジョラムが記されていることから、ヨーロッパでは昔から定番のハーブの一つだったようです。

古代エジプトでは悲しみを癒やすとされ、気持ちをしずめ、ストレスをやわらげる働きがあります。

イギリスでは、スチュアート時代に甘い香りの小さな花束として用い、不快なにおいを軽減するのに役立てられていたようです。

マジョラムの主な効果・効能


マジョラムには心身のこわばりを温めてやわらげる効果があります。慢性の腰痛や肩こりを軽減し、孤独感やストレス、憤りなどで閉じた心を和らげます。

心への効能

マジョラムは、安眠の香りとして有名な精油です。

精神疲労や無気力感に役立つ香りで、副交感神経に働きかけ自律神経を整えてくれる成分が多く含まれており、「心を温める精油」とも呼ばれています。

深いリラックス効果があり、ストレスを抱えていら立った神経は鎮め、孤独感や無気力に対しては気を補い、やる気のスイッチをオンにしてくれ、メンタルバランスを調整してくれます。

体への効能

筋肉痛や腰痛などの痛み、血行が悪く身体が固くなっている時などにも有効なマジョラム。

体温調節作用などにより、血管を拡張させて血流を良くするので、冷え性の対策やしもやけ、むくみ対策に役立ちます。

風邪の引き始めに使うと、症状を悪化させないようにしてくれることでしょう。

また、身体を温める作用があるため、筋肉痛、神経痛、月経痛、偏頭痛、こりなどの痛みを和らげる効果もあり、運動の後など鎮静とリラックスさせたい時に効果的です。

整腸作用もあり便秘や下痢など、消化器系の不調をととのえるのにも有効です。

その他、催淫(さいいん)作用もあり、性欲を高める効果があるとも言われています。

肌への効能

血流が高まり新陳代謝が上がるため、肌が活性化し、クマやくすみ、小じわの改善も期待できます。キズの自然治癒力、病気の免疫力にも効果が期待されます。

古代エジプトではマジョラムはミイラの防腐剤として使われていたこともあるほど、抜群の抗菌作用があり、ニキビや水虫のケアにおススメです。



マジョラムの禁忌事項

肌への使用の際は、必ず事前にパッチテストを行いましょう。

妊娠中・生理中・低血圧の人は、マジョラム精油のご使用はお控えください。

深い鎮静作用があるため、眠気を起こす可能性があります。
車の運転など、集中力を要するときは、使用を避けましょう。



マジョラムを使ったお勧めのAROMA-DIRECTIONオリジナルブレンド

スーッと爽やかな風邪予防のユーカリ精油、果実そのままの甘い香りオレンジ精油、そしてマジョラム精油を3:2:1でブレンドしてみましょう。


上記のAROMA-DIRECTIONオリジナルブレンドの活用法


①フットバス

大きめの洗面器かバケツ、浴槽に熱めのお湯を注ぎます。重曹大さじ1杯に上記のブレンドオイルを2〜3滴落とし、よくかき混ぜてから、足をくるぶしぐらいまでお湯につけます。

お湯のぬくもりで足を温めながら、湯気と共に立ち上ってくる香りを楽しんで下さい。お湯がぬるくなってきたら、熱湯を注ぎ足して、身体が冷えないようにします。

1日の疲れもほぐれて、ぐっすり眠ることができます。

②アロママッサージ

体の不調やコリを感じたとき、お風呂上がりに軽くマッサージをしてみましょう。

ホホバオイル大さじ1に上記のブレンドオイル2滴をよく混ぜ、ボディにマッサージします。

消化不良の時は腹部に塗布し、軽いトリートメントを行いましょう。

③グッドナイトアロマ

眠りを誘うようにティッシュペーパーやコットンに上記のブレンドオイルを1滴~2滴垂らして枕元でお使いください。


いかがでしたか?


心強い万能精油マジョラムを、日常へ気軽に取入れてみましょう。


温かみのある優しい香りが不安や孤独感を暖和し、気持ちを癒やしてくれる事でしょう。

上記にご案内した香りなど、合計10種類の香りをブレンドし、《Vent confortable~心地よい風~》と名付け以下の場所で体験できます。

福岡…博多大丸1階総合案内所、岩田屋三越6階ゲストラウンジ

北九州…小倉井筒屋本館1階インフォメーション

熊本…鶴屋百貨店本館3階肌着売場など

※注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関しての責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

【精油を安全に使われるために守っていただきたい10の注意点】

①精油は、少量でも皮膚に刺激を与える可能性があります。精油の原液を直接肌に塗らない・付けないように気を付けてください。また、必ず使用量を守ってください。

②精油を決して飲まないように。誤飲は大量の水を飲みましょう。

③刺激を感じたら、使用を中止しましょう。また、目の周りや皮膚の弱い所の使用は控えてください。

④3歳未満の乳幼児には、芳香浴以外精油は使わないように。
3歳以上8歳未満のお子さんも、大人の使用量の1/2程度までを限度として使用しましょう。

⑤火気に注意。精油は濃度が高く、引火する可能性があります。台所の使用には十分に注意。

⑥妊産婦やお年寄り、既往症のある方は、専門家にご相談の上ご使用ください。

娠初期から安定期に入るまでは使用してはいけない精油
ゼラニウム、ラベンダー、カモマイル、メリッサ(レモンバーム),パルマローザ、ユーカリ

妊娠中使用してはいけない精油
クラリセージ、ペパーミント、スペアミント、マージョラム、サイプレス、ジュニパー、スウィートフェンネル、バジル、パセリ、ジャスミン、ローズ、ローズマリー、シダーウッド、 ミルラ(没薬)、レモングラス、セージ、ヒソップ、ペニーロイヤル、タイム、ベイリーフ(ローレル)

⑦生理の重い人は避けたほうがよい精油
クラリセージ、ミルラ(没薬)、セージ、バジル、ジュニパー、フェンネル、ローズマリー

⑧高血圧の方の注意点
ローズマリー・タイム・セージ・ペパーミント・バジル・グレープフルーツの使用は避けましょう。

⑨光感作作用(光毒性)のある精油の注意点
果皮から採れる精油は日光に当たると日焼け、しみの原因になる場合があります。

⑩保存方法と使用期限・扱い方・購入の際の注意点
特に湿度が高い浴室や直射日光を避け、キャップをしっかり閉め風通しの良い冷暗所にて。15度~20度の場所が理想。真夏だけは、密閉容器に入れ、冷蔵庫の野菜室へ。

使用期限は開封後1年。圧搾法で抽出した柑橘系は半年が目安です。

ペットやお子さんの手の届かない場所に保管してください。茶か青の遮光ビンに入った精油を、静かに傾け雫が落ちるように使いましょう。

購入の際は《エッセンシャルオイル》《精油》など植物100%表示の物をアロマ専門店で、お好みの香りを、少量からお買い求めください。
 
アロマ空間デザイン事務所「AROMA-DIRECTION」代表。
銀行勤務、人材派遣会社代表等を経、1996年東京在住中に当時日本唯一のアロマテラピースクールにてアロマの第一人者栗崎小太郎氏に師事。
百貨店・病院・介護施設・ゴルフ場・飲食店・オフィス等にAROMA-DIRECTIONオリジナルの香りを調合し毎月変わるアロマ空間コンサル事業を展開。

現在エアーステーションひびきFM88.2「一刈美穂のWakuWakuな時間」ラジオパーソナリティー(毎月第4火曜15:00~16:00)。
熊本小国町森林組合と北九州市との共同プロジェクトによる小国杉アロマブレンド監修。アロマ講演会・商品開発等幅広く活動中。

《10月メディア出演予定》
10/23(火)15:00~16:00「一刈美穂のWakuWakuな時間」エアーステーションひびきFM88.2ラジオパーソナリティー
詳細はHP(http://aroma-direction.jp/)にて。