美容&健康 特集(美容&健康)

薄着の季節到来!正しいブラの選び方・着け方で美しいバストラインに

薄着になって、体のラインが分かりやすくなる季節。体に合ったブラジャーを身に付けて、美しいバストラインを目指しませんか。ランジェリーブティックオーナーの佐野美子さんとモデルの中園洋子さんが、ブラジャーについて語ってくれました。
(左)ランジェリーブティック「シンシア」オーナー 佐野 美子さん、(右)モデル 中園 洋子さん

――そもそも、ブラジャーの役割とは何でしょうか?

佐野さん 胸を“来るべきところ”に持ってきて、肩を開き、姿勢を起こすものです。ですから、ワイヤー入りでないと、その役割を果たすことは難しいですね。

―中園さんが購入する際に重視するのは?

中園さん 普段はすっぽりと胸が収まって着け心地が良いものや、胸の高さが出るものを選びます。仕事の際は、Tシャツなどピタッとしたものを着る時は表面にレースなどが付いていないツルリとしたもの。YシャツやVネックなどの場合は胸がツンとして見えるものを選ぶと、シャープな感じになりますね。

佐野さん 機能性と見た目は、なかなか同時に叶わないわよね(笑)。

中園さん そうそう(笑)。そして、試着は必ずします。同じカップ数でも、メーカーによって合う、合わないがあるので。

購入する際はココをチェックしよう

佐野さん 重要なのは“ワイヤーの円周が胸の形に合っているか”ということです。丸い体型の人と、平たい体型の人では合うブラジャー(ワイヤー)の形が異なります。

中園さん 脇からお肉がはみ出すのは、サイズが合ってないからですか?

佐野さん サイズというよりも、カップの形が合っていないのだと思います。理想的なのはカップの上辺が脇までしっかり届いているもの(詳細は次のページ)。届いていないと脇肉がはみ出して、シワの原因にも。形状記憶されて、その部分にお肉の塊ができることもあります。

――ブラを着けると苦しい、という方もいますね。

佐野さん ワイヤーが合っていなかったり、アンダーサイズが小さなものを選んでいるからかもしれません。ワイヤーが合わないとずり上がってきたり、痛みを感じることも。アンダーサイズが合っていないと、太って見えることも。締め付けても、やせて見えるわけではありません。肩ひもの長さも大切(詳細は次のページ)。体型に合ったブラを選んで正しい着け方をすれば、ブラは苦しいものではありません。

中園さん ブラを味方につけて、若々しく美しいバストラインをキープしたいですね。

ブラジャー選びはココがポイント!

1.ワイヤーの円周が胸の形に合っているか?
2.カップの上辺が脇まで届いているか?
3.ホックは1番短い部分、または真ん中で合うか?
4.アンダーサイズは合っているか?
ランジェリーブティック「シンシア」オーナー
佐野 美子 さん
日本ボディファッション協会が認定したアドバイザーにのみ与えられる「インティメイトアドバイザー」の資格を持ち、ココロとカラダにフィットする下着をおすすめすることをモットーとしている。
http://www.sincere-fukuoka.jimdo.com/

モデル
中園 洋子 さん
ファッションショーやTVCMなど幅広い分野で活躍。女性らしいきれいな体をつくるボディーメイキングや、肌の手入れ・メイク法、第一印象を良くする立ち居振る舞いなど「美」にまつわることを教えている。
>次のペーページでは、ブラの正しい選び方・着け方、Q&Aを紹介