美容&健康 特集(美容&健康)

その物忘れ、大丈夫?疲れやうつじゃないかも…

認知症に注意すべきは高齢者に限りません

記憶力や判断力が低下して、今までできたことができなくなり、生活に支障を来す「認知症」。なかでも、18歳~64歳の働き盛りで発症する「若年性認知症」は、若いからこそ他の病気と間違えられ、見落とされがち。夏のまとまった休みに、自分や家族のことを振り返ってみませんか。

Q.主な原因は?

A.原因がさまざまだからこそ、早期受診で適切な治療を

若年性認知症は、医学的には高齢者の認知症と大きな違いはありません。認知症にはさまざまな原因があり、原因によって治療も異なります。

●アルツハイマー型認知症
脳にアミロイドタンパクがたまり、神経細胞が死ぬことで障害が起きると考えられている。

●脳血管性認知症
脳卒中など脳の血管の病気によって、脳の血管が詰まったり出血することで起きる。若年性では最も多い。

●レビー小体型認知症
レビー小体という特殊なタンパク質が蓄積され、神経伝達が阻害されるために起きる。

●前頭側頭型認知症
脳の前方部分(前頭葉、側頭葉)が委縮することで起きる。

上記のほか、慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症・甲状腺機能低下症が原因のものや、依存症によるアルコール性認知症など、原因となる病気は多岐にわたります。

認知症の多くは完治は望めませんが、進行を遅らせたり、症状を軽減することは可能です。中には、治療可能なものもあるからこそ、早期受診が重要です。また、脳血管性認知症の引き金となる、糖尿病や高血圧など生活習慣病の改善も大切です。生活習慣や食生活の見直しが予防につながります。

Q.加齢による「物忘れ」とどう違う?

A.出来事をすっかり忘れている場合は要注意

>次のページも引き続きQ&A