くらし 特集(美容&健康)

現代日本人は塩をとり過ぎてる!?目指せ!1日マイナス2g 減塩大作戦! / 3ページ目

「減塩」のコツを、3つのジャンルに分けて具体的に紹介。無理なく、できることから始めてみませんか。

前ページのチェックシートでオレンジの枠内に高得点が出た人は、塩分が高い食品をとる頻度を減らしましょう。加工食品を購入する場合はパッケージの栄養成分表示の「食塩相当量」をチェック!

参考資料:香川芳子監修「毎日のカロリーガイド」女子栄養大学出版部、2008 牧野直子監修「FOOD & COOKING DATA 塩分早わかり」女子栄養大学出版部、2011 
※1食品名とその食品に含まれる食塩量(g)を記載しています
※2上記の食品に含まれる食塩量は、調理方法などによりある程度変化します。目安として考えてください

加工食品の食塩含有量を知ろう!

食塩相当量(g)=食品表示ナトリウム量(mg)×2.54÷1000
2015年4月施行の新「食品表示法」で、栄養成分表示内「ナトリウム」を「食塩相当量」で表示することが義務化。この法律は2020年までに完全移行するもので、今は猶予期間。その間は上の計算式を使って、自分で計算を!
 

前ページのチェックシートで青枠内に高得点が出た人は、普段の食行動に気を付けるようにしましょう。

・むやみに調味料をかけない
・麺類の汁は残す
・外食や加工食品を控える
・加工食品は「減塩食品」を選ぶ など

前ページのチェックシートで黄枠内に高得点が出た人は、減塩を考えた食意識へと見直しましょう。

・だしをしっかりとる
・低塩の調味料を使う
・カリウムを含む野菜&果物を食べる
・適度に運動する など

>次のページはJSH減塩食品アワードを紹介