絵本専門士・柴田香の絵本のトビラ⑥ 「大人向け!春に読みたい絵本3選」

こんにちは、絵本専門士の柴田香です。
梅の花もほころび、一気に春らしくなりましたね。

今回は、このコラムを毎回読んで下さっている方から、「柴田さん、春に読みたい大人向けの絵本ってありませんか?」との声をいただきましたので、わたしの選んだ「春に読みたい大人におすすめの絵本」を3冊紹介します。

旅立つあなたへ、見送るあなたへ。
山福朱実『ヤマネコ毛布』


最初に紹介するのは『ヤマネコ毛布』。
2007年・パロル舎より出たものを底本に、2015年、再編集して復刊されました。

旅に出ることを決めた、ヤマネコ。
ハリネズミの提案で、森のみんなはそれぞれにヤマネコへの思いをこめて毛布を縫って贈ります。

その思い出は、決して楽しいことだけではないけれど。
それぞれがそれぞれの思いをこめて、ヤマネコと共有した時間をカタチにします。

絵本評論家の広松由希子さんが書かれた帯の文がまたとてもいいのです。
「ずっと残したい絵本」第2弾としてこの作品を選んだ広松さんは、こんな紹介をされています。

「過去を捨てない、けど引きずらない。
思い出かついて歩きだす。
旅立つ人へ、心強い味方になる絵本。」

著者の山福朱実さんは北九州市在住の版画作家・絵本作家さん。
人生において私たちは、時に旅立つ側に、時に見送る側になります。
そんなときに、傍らにそっとおいておきたい1冊です。

【書誌事項】
タイトル: ヤマネコ毛布
著者: 山福朱実
出版社: 復刊ドットコム
出版年: 2015年2月
価格: 本体2,000円+税

思いどおりの春じゃなくても。
浜田廣介・いもとようこ『たぬきのちょうちん』


浜田廣介という童話作家をご存知ですか?
1893年山形県生まれ、1973年に80年の生涯を閉じるまで1000篇に及ぶ童話・童謡を手掛けた、近代児童文学を代表する作家のひとりです。

主人公は、もう自分の来し方を思い出すくらいに齢をかさねた、おじいさんたぬき。
おじいさんは、かつての自分にそっくりな孫だぬきをみて、むかし自分のおじいさんからもらったひとつのアドバイスを贈るのです。

「おまえは、気がきく子ではない。しかしそれでもいいのだよ。
なにか一つをしっかりおぼえて、やくにたてればそれでよい。
やってみい。
いっしょうけんめい、やろうとおもってまじめにやれば、ものになる」

わたしは、初めてこの絵本を手にしたとき、この言葉がまさに自分に向けられているかのようで、どきりと、そしてじーんとしたことを覚えています。

そして、そうだよな、自分にできることを粛々とやっていくことが大事なんだよな、と気持ちが決まったような気がします。

この絵本は、珠玉の文章にいもとようこさんのかわいらしい絵がとても合っていて、廣介の世界観の魅力がよく伝わってくる1冊。
たとえば、思い描いていた春とは少し違う春を迎えたあなたに、手にとってもらいたい絵本です。

【書誌事項】
タイトル: たぬきのちょうちん
著者: 浜田廣介作・いもとようこ絵
出版社: 金の星社
出版年: 2005年7月初版
価格: 本体1,300円+税
 

遠い誰かに思いを馳せて。
長田弘・いせひでこ『最初の質問』


最後に紹介するのは、長田弘さんの詩にいせひでこさんが絵をつけた「最初の質問」です。

“今日、あなたは空を見上げましたか。
空は遠かったですか、近かったですか。”

ここからはじまる、とても力のある一連の詩がテキスト。
幾つもの質問が投げかけられ、読み手は自分の裡にあるさまざまな感情を見つめることとなります。
そこに、いせさんの繊細で透明感のある青を基調とした絵が加わり、更に物語を紡ぎ、想像の世界を拡げてくれています。

わたしはライフワークとして「熊本地震復興チャリティーブックトーク」を定期的に行っているのですが、その時に必ずこの本を持っていき、紹介するようにしています。
福岡にいるとなかなか現地の「いま」は伝わってきにくいのが現状ですが、「心を寄せる」きっかけにしてほしい、そんな気持ちを代弁してくれるのもこの絵本です。

“あなたにとって、
あるいはあなたの知らない人びと、
あなたを知らない人びとにとって、
幸福って何だとおもいますか。”

3月11日、東日本大震災から6年、4月16日、熊本地震から1年の節目です。
家族や友達同士で、話題にすることもまた、大切なことかなと感じています。

【書誌事項】
タイトル: 最初の質問
著者: 長田弘詩・いせひでこ絵
出版社: 講談社
出版年: 2013年7月初版
価格: 本体1,500円+税



ということで、春に読みたい大人向け絵本を3冊選書して紹介しました。
わたしの個人ブログ「柴田香のことのはLIBRARY」およびFacebookページでも
絵本紹介をはじめましたので、そちらもぜひ覗いてみてください。

今年度もコラムをご覧いただき、どうもありがとうございました。
来年度も引き続きどうぞよろしくおねがいします。




 


◎ブログ「【福岡・絵本専門士】えほんと短歌とこそだてと 柴田香のことのはLIBRARY」(http://ameblo.jp/koueue/)も随時更新中!

「リビングのコラム読みました!」とコメントいただけると嬉しいです。
ブログタイトル、リニューアルしています。

◎Facebookページ「ことのはLIBRARY」(https://www.facebook.com/kotono8/)はじめました!

絵本と短歌についてのビジネスページです。
こちらにもアクセスしてみてください。

◎絵本講座・選書アドバイス・文章執筆など承ります!

メール:kaoriueue@gmail.com もしくは

ブログ・Facebookのお問い合わせページ からお気軽にお問い合わせください。