くらし 防災あれこれ

地震・台風・大雨…福岡でもいつ何が起こるかわからない!備えてる?自然災害

いつ起きてもおかしくない自然災害。もしものときのために、備えていますか?9月は「防災月間」です。地域で防災に関するさまざまな活動を行う、防災士の上野直美さんに、日頃の心がけや対策について聞きました。
防災士 上野直美さん
「博多あん・あんリーダー会」代表幹事副会長・城南支部支部長(博多あん・あん塾1期生)。福岡市を中心に地域や学校などで、カードを使って非常持ち出し品を考える「My非常持ち出し品ゲーム」や防災食講座、日常生活の中の防災講座などを実施。
■「博多あん・あんリーダー会」HP
https://www.hakata-anan.org/

普段から防災意識を! 「日常防災のすすめ」

地震・津波・台風・大雨・竜巻・雷…自然現象を止めることは不可能ですが、基礎知識を学び、その被害(災害)を知ることで、災害を防いだり(防災)減らしたり(減災)することはできます。

自分の身は自分で、自分たちの町は自分たちで守る!

防災には「自助」(自分で自分と家族を守ること)、「共助」(企業や町内会・自治会など地域で共に助け合うこと)、「公助」(行政による救助・支援)の視点があります。 

もし、消防や警察、市役所も被害に遭ったり、道路が寸断され、救助隊が助けに行けなかったら…。公助に頼れない可能性もあります。そこで、自助、共助の備えが必要です。いざという時には誰もが助け、助けられる立場になる可能性があります。普段からご近所とのコミュニケーションを大切にしておきましょう。

普段の生活の中で工夫を

防災の基本は、「その瞬間に生き残ること」「その後生き延びること」。生き残るためには普段の家の安全対策(耐震や家具の安全配置)、生き残るためには物資などの備えや情報が必要です。

突然災害が起き、何をすればよいか分からない中、結局できることは日頃行っていること。日常の生活の中に防災の工夫を取り入れることが、減災につながります。防災意識は熱しやすく冷めやすいもの。定期的に考える機会をもって!

今年7月の九州北部豪雨の被害に遭った朝倉市の様子
(上、下の写真提供:NPO法人「ANGEL WINGS」理事長・藤澤健児さん)
土砂や漂流物があふれている川沿い