くらし 防災あれこれ

知っておきたい防災サイト&考えておきたい地震保険



知っているかどうかが、有事には命を左右します。一人で避難できない赤ちゃんや子ども、ペットがいる場合にどのような備えが必要なのかが分かる。また、日常的に防災を考えるきっかけになる。そんなおすすめのサイトです。

 ママ 
Stand for mothers 「防災ママブック」

http://sfma.jp/

「ママによるママのための社会課題解決」を掲げて活動する「Stand for mothers」。東日本大震災で被災したママの声を集めて、子どもを守るために知っておきたい防災情報をまとめた「防災ママブック」がダウンロードできます。

粉ミルクやおむつ、生理用品などがない場合の代用グッズの作り方、防災バッグにママ目線で入れておくべきものなど、具体的に役立つ情報が詰まっています。

 女子 
防災ガール

http://bosai-girl.com/
苦にせず防災を続けるために、楽しくおしゃれに防災情報を発信。下記の「女性のための災害に備えておきたいものリスト」のほか、防災ポーチの中身やアウトドアにも役立つ防災グッズ、美容・健康を保つ備蓄食など、女性が気になることをコラム形式で紹介しています。

 ペットがいる人 
いぬねこカウンシル福岡
「福岡ペット防災対策マニュアル」
http://www.inc-fukuoka.org/

人と犬と猫とが住みよい街を作るために活動する市民団体「いぬねこカウンシル福岡(INC)」。環境省の防災対策マニュアルをはじめ、いざというときペットを守るために読んでおきたい情報をまとめて紹介。サイトのダイジェスト版、ペット用のエマージェンシーカードが付いたリーフレット「福岡ぺット防災情報」もダウンロードできます。

以下は、ペット用の備蓄品の準備以外に、飼い主がやっておきたいことをINC代表の古屋啓子さんに聞いたもの。日頃からの備えと心構えのために、チェックしておいて。

□ 鑑札や迷子札、マイクロチップの装着
マイクロチップは「登録」も忘れずに
□ 最低限のしつけ
無駄ぼえをしない、ケージに入る、といったトレーニングはしておきましょう。
□ 健康診断
避難所で病気をもらわない、うつさないためにワクチンや予防接種を。助けられない命を増やさないために、避妊や去勢も大事。

>次のページでは、考えておきたい地震保険