くらし 女性の起業あれこれ

起業するなら読んでおきたいおすすめ書籍5選

毎年、年度後半に入る秋ごろから起業関連のイベントが増えてきます。

この記事を書いている最中に、東京で実施される短期集中型育成プログラムの案内を関係者の方からいただいたのですが、東京に劣らず起業熱が高い福岡でもイベントが目白押し。

このコラムでも随時お知らせしていきますのでぜひチェックしていてくださいね。

さて、今回はいつも長々と書いてしまうパターンから少し趣向を変えて、起業したい方や起業してこれからビジネスを展開していきたいと考えている方にぜひ読んでいただきたいおすすめ書籍を紹介します。

興味の持てる書籍を選んでいただけるよう、強みの把握から営業術までそれぞれ異なるテーマで選んでみました。



オンリーワンの領域をさぐれ


【必ず食える1%の人になる方法】
藤原和博/東洋経済新報社

日常的に読書をしている人にはもちろん、していない人でも比較的スムーズに読める平易な言葉で書かれたこちらの書籍。

著者が提唱されている『得意分野を3つ掛け合わせてレアな人になる』という法則が体験上とても納得できて好きなのですが、それ以外にも工夫すれば即実践できる項目がたくさんあります。




タイトルは男性向けですが、内容的には女性にも大いに参考になり実行できるものばかり。

さまざまな業界の人と数え切れない真剣勝負をしてきた人だからこその言葉がきっと腑に落ちるはず。

 

何でもできるようになる必要はない


【さあ、才能(自分)に目覚めよう】
M.バッキンガム&D.O.クリフトン/日本経済新聞社


2001年に発行されて以来50刷以上を重ねてきたベスト&ロングセラーのビジネス書。

成果を上げるのに努力することはもちろん必要ですが、自分のもつ才能を最大限に生かせる分野や方向を知っておけばさらに高い成果を手にできますよね。
人がもつ強みを34個に分類して解説してあるのが本書です。





1冊ずつに綴じこんであるアクセスコードを使って自分の強みを5つ知ることができるので、そのテスト結果とあわせて読むといいですね。

今年発行された新刊では強みの活かし方を具体的に解説してあるので、こちらもぜひ。

 
 

ビジネスの成否をにぎるのは人間関係


【マグロ船仕事術】
齊藤正明/ダイヤモンド社


上司からの指示でなぜかマグロ漁船に乗るはめになってしまった一人のサラリーマンが、漁船の船長や船員たちと過ごす日々の中で人を動かすコツを学んでいくという異色のビジネス書がこちら。

個人事業主として起業し組織としては一人でも、取引先や顧客がいてこそのビジネス。本当の意味でひとりでビジネスが成り立つことはまずありません。
そして売上を上げ事業規模を大きくしようとすればするほど多くの人と関わることになりますよね。

本書はマネジメントやリーダーシップに関する内容ですが、いわゆるビジネス上の人間関係の築き方を分かりやすく学ぶことができます。






本書に出てくる船長の深い一言一言がじわりと胸にしみこんできますよ。

個人的には『リーダー=デキる人ではない』というくだりが特におすすめ!

 

ゼロから信用を積み重ねる極意


【断らない人は、なぜか仕事がうまくいく】
田中和彦/徳間書店


私が転居や出産育児による休業を経ていわゆるリスタートをした時、ある1年間の行動計画として徹底したのが「いただいた仕事は断らない」というものでした。

家事や育児があろうが、仕事が重なろうが、休みがとれなかろうがとにかく断らない。
なかなか厳しかったですが、ブランク期間で低下したスキルやビジネス感覚を取り戻せただけでなく、人脈の広がりと自分の限界点が明らかに上がったという結果が今につながっている実感があります。

本書はそういう経験をすでにした後に出会って、読んでいる間じゅう「そうそうまさにそう!」という感じでした。





「したくないこともあるのに断らないなんて…」「忙しい起業時に何でもかんでも受けてはいられないよ」と考えている方。

そんな方にこそ読んでいただきたいです。
他人の判断は総じて客観的で、自分の新境地を発見できるチャンスですから。

 

マーケティングの基礎の基礎をつかむ


【大富豪の起業術 上・下】
J.エイブラハム/ダイレクト出版


まずはホームページをつくって、名刺やチラシにも載せられるようロゴをつくって…という経験、ありませんか?

こうしたいわゆる営業ツールを作るのは後からでOK、ビジネスを軌道に乗せるにはまずこれをすべき!と明快に説いてあるのが本書です。




上下巻で500ページ近くあるとても分厚い本なので、手にとるのは躊躇するかもしれません。
私も本書を読んだきっかけは書評を書く仕事をいただいたからで、自らではおそらく選ばなかったでしょうね…。

が、時間をかけてでも読む価値が大いにある内容です。いやむしろ時間をかけて読むべき内容。

自分でビジネスを始めると決めた瞬間から軌道に乗せ拡大していくためにすべきことは何か。ステップにそって書いてあるので、事業規模にかかわらず起業前から起業直後の人にぜひ読んでいただきたいです。



今回ご紹介した書籍はいずれもいわゆるスキルアップ本ではなく、起業家としての考え方や動き方を学べる内容でまとめています。

すべてを真似るというよりも、読んでみて「これなら自分にもできそうだ」と納得して実行できそうなものを1つ2つ試してみてください。
行動することで変わることがきっとあるはず。


【スプラウトからのお知らせ】

実はスプラウトでは読書会も開催しています!
昨年度から始めたイベントですが、少人数で課題図に関する意見交換を行うというスタイルが大好評で今年度も継続することになりました。
第1回はすでに終了しまして、第2回が9月に開催されます。関心のある方はチェックしてみてくださいね。

一般社団法人女性起業家スプラウト 公式HP→http://sprout.gr.jp/