くらし キャッシュレス節約術

連載「キャッシュレス節約術」のはじまりです!!


はじめまして!!
キャッシュレスアドバイザー&ファイナンシャル・プランナーの伊藤志保です。

今月から期間限定ではありますが、キャッシュレス節約術をテーマにキャッシュレスの基本から節約術までご紹介してまいります。

元来、節約よりも収入を増やすことに全力を尽くすタイプなので、ご満足頂けるだけの節約術が紹介されてないじゃん!!と思われた方は、是非、キャッシュレス節約術を研究してみて頂ければと思っています。

予定は未定で決定ではありませんが、
毎週金曜日、3ヶ月程度の予定でコラムをアップしていきますので、ぜひ、お役立て下さい。


 

なぜ、キャッシュレスが今、話題になっているの?

昨年の暮れ、ソフトバンクグループのキャッシュレス決済会社「PayPay」が100億あげちゃうキャンペーンを打ち出して、広くキャッシュレス、特にスマホで支払いを行うスマホ決済、QRコード決済が知られることとなりました。

とはいえ、そもそもPayPayがなぜ100億ものお金をバラ撒くキャンペーンをやったのか?と言うところを不思議に思っている方もいることでしょう。

超、ざっくりとした説明をすると、
・高齢化が進んで、働く人が減って、お店や企業に人が集まらなくなった
・外国人観光客が激増していて、外国人の方々が日本円の硬貨や紙幣の区別に苦戦したり、良いものがあってもカード払いができずに買い物がしにくかったり

と言った問題を解決するために、日本が国をあげてキャッシュレスに取り組もう!!と決めたから。

ただ決めただけではなく、2025年までにキャッシュレス決済を40%に、将来的には80%にまでする、と期限付きの目標を決めたのを受けて、銀行だけでなくIT企業が続々とこの業界に乗り出しているのです。

因みに、お隣の国、韓国ではキャッシュレス決済が90%近く普及しているそうで、街の至る所にATMがあって、世界で最も優れた紙幣が安全に使える日本は、キャッシュレス決済については、世界からことごとく遅れをとっており、2割程度の普及率に留まっています。

ところで、このPayPayの100億あげちゃうキャンペーンでは、最大10万円が当たった方もいるのですが、このキャンペーンには乗れましたか?

私の周りの女性陣は、キャンペーンのことは知っていたけれど、あっと言う間に終わってしまって波に乗れなかったと言う方が大半を占めていました。

 

今週の節約術

PayPayでお得に買い物をしよう!!

現在、PayPayは再び、100億キャンペーンを開催しています。
前回ほど、大きなインパクトはありませんが、5,000円の買い物をすると最大1,000円(20%)戻ってきます。キャンペーン期間中(〜5月31日)、最大50,000円相当戻って来ると言うことです。(詳細はPayPayのアプリでご確認下さい。)

卒業・入学・進級のシーズンです。
転職や転勤などもあるでしょう。

何かと入用のこの季節、実質20%の割引と考えると、めちゃくちゃ大きくないですか?

まずは、アプリをダウンロードしてみるところからはじめてみて下さいね^^

 


執筆者プロフィール

CROSSHEART 代表 伊藤志保

<経歴>
高校卒業後、東証一部上場の製造業からサービス業に至るまで大小様々な業種業界を経験。製造業ではTOYOTA改善方式やPDCA、保険業界ではファイナンシャルプランニング、コールセンターでは電話応対コンクールで全国2位。これまでの経験を通して「情報格差=経済格差」を痛感。少しでも軽減できるよう、人と人、人と情報のBestConnectを目指してアラフィフ女性の「おひとり様経営」支援

<過去取材関連記事>
リビング福岡・北九州 「今どきのお金の基礎知識」
西日本新聞 水曜日コラム連載中「どうなっとうと?デジタル」
ふくおかFGメディア「mymo」FinTech連載
TNCももち浜ストア「キャッシュレス」
FBS めんたいワイド「はじめてのキャッシュレス」 
RKB 今日感ニュース「キャッシュレス」
KBC シリタカ「キャッシュレス」
九州大学芸術工学部 共創授業「キャッシュレスのデザイン」協力