くらし キャッシュレス節約術

ATMが減るってホント?


こんにちは!!
キャッシュレスアドバイザー&ファイナンシャル・プランナーの伊藤志保です。



つい先日、経済産業省がキャッシュレスの普及に向けたポスターを公開しました。

 
"ゆくぞキャッシュレス"

と言うことでキャラクターに選ばれたのは、鉄腕アトム
現金世代に向けたキャラクターとしては、納得の選出かなと思うところです。


とは言え、

「現金を使うのに、なんの不自由もない!キャッシュレスなんてしたくない!!」


とお思いの方も多いことでしょう。
そこで、今回は「ATMの不自由」について、お話したいと思います。 


 

ATMが減るってホント?

実は、キャッシュレスは政府の政策と言うことだけでもないんです。
私達がこれまで当たり前に利用してきた現金。この「現金社会」を維持するコストが大変なことになっているんです。


例えば、ATMの開発や保全、ショッピングモールなど銀行の外にあるATMへの現金の補充や障害時の対応、あげればキリがないくらい現金社会を維持するコストは掛かっていて、その総額が1兆円とも2兆円とも言われているんです。金額が多すぎてよく分からないレベルですが...^^;;


それらの費用の多くを負担している銀行は、現状のまま維持するのがキツくなってきたので、


 
ATMを削減します。支店も統廃合を進めます。


と宣言しているんです。


日本全国に約11万台あると言われているATMは、今後、ジワジワと減っていく訳ですが、明確に2割削減します、と名言している金融機関もあるんです。


今は、どこでにでもATMがあるので現金の引き出しに困ることはほとんどないと思いますが、ATMが減ると思うと、なかなか切実な問題ですよね。


遠い昔を思い返して見れば、お金の出し入れはもっと不自由でした。
ですが、便利に慣れてしまった以上、後戻りをすると言う選択肢があるとは言え、キャッシュレスにすることで、ATMの場所や営業時間の影響を受けないことは、とても便利だと思いませんか?

 

今週の節約術

ATM手数料を節約しよう!!

ATM手数料の節約なんて、リビング福岡の読者の皆さまにとっては、言うまでもない当然のことだと思いますが、ここは敢えて!!


口座を持っている銀行のATMであれば、ほとんどの場合、平日の8:45〜18:00までは手数料を負担することなく、現金の出し入れができますが、時間外や土日祝日は手数料が掛かりますよね。


他の銀行のATMを利用する場合には、平日であっても手数料は掛かりますし、夜や土日祝日には通常の倍の手数料が掛かります。


銀行のサービスによっては、時間外手数料は無料と言うものもありますが、そもそも現金を使わなければATM手数料を負担する必要がなくなると言うことです。


キャッシュレスにすることで、銀行の窓口やATMに並ぶ必要もなければ、そこまで移動する必要もなくなります。手数料だけの話ではないところがポイントです!!
キャッシュレスにするメリットは、こんなところにもあるんですね。


執筆者プロフィール

CROSSHEART 代表 伊藤志保

<経歴>
高校卒業後、東証一部上場の製造業からサービス業に至るまで大小様々な業種業界を経験。製造業ではTOYOTA改善方式やPDCA、保険業界ではファイナンシャルプランニング、コールセンターでは電話応対コンクールで全国2位。これまでの経験を通して「情報格差=経済格差」を痛感。少しでも軽減できるよう、人と人、人と情報のBestConnectを目指してアラフィフ女性の「おひとり様経営」支援

<過去取材関連記事>
リビング福岡・北九州 「今どきのお金の基礎知識」
西日本新聞 水曜日コラム連載中「どうなっとうと?デジタル」
ふくおかFGメディア「mymo」FinTech連載
TNCももち浜ストア「キャッシュレス」
FBS めんたいワイド「はじめてのキャッシュレス」 
RKB 今日感ニュース「キャッシュレス」
KBC シリタカ「キャッシュレス」
九州大学芸術工学部 共創授業「キャッシュレスのデザイン」協力