くらし キャッシュレス節約術

キャッシュレスのセキュリティが心配で仕方ない!?


こんにちは!!
キャッシュレスアドバイザー&ファイナンシャル・プランナーの伊藤志保です。


過ごしやすい季節ですね。すぐに梅雨に入るのでしょうけれど、この短いけれど心地良く季節を満喫したいと思う今日この頃です。

キャッシュレスがすごいスピードで広がっている様に感じている一方で、全く、浸透していないところの方が多いことも実感するのですが、皆さんの周りはキャッシュレス、広がっていますか?


 

キャッシュレスのセキュリティーが心配で仕方ない!!

「キャッシュレスはセキュリティーに不安があるので、利用したくない」と言う声をよく耳にします。
 
 
確かに、その気持ち、よく分かります。
PayPayが100億あげちゃうキャンペーンをはじめて開催した昨年12月、キャンペーンの終了間も無く、カード情報が漏洩したと言う報道もありましたし、カード情報を含む個人情報が流出したと言う話も聞きます。海外旅行先でカード情報を盗まれたとか、心当たりのない請求が届いたなどなど、ご自身が直接被害に遭うだけでなく、周りでそう言う話を耳にすることも多いため、クレジットカードの利用に大きな不安を抱えるのも無理はありません。
 
 
クレジットカードの不正利用の実態は
◆偽造被害の国内・海外内訳(H28)
被害額:30.6億
 国内被害額 10.5億円
 海外被害額 20.1億円
 
◆番号盗用の国内・海外内訳(H28)
被害額:88.9億  
 国内被害額 54.6億円
 海外被害額 34.3億円
 
 
因みに、オレオレ詐欺を代表する特殊詐欺の被害額は394.7億円(H29)だそうです。
特殊詐欺の被害額は尋常ではありませんが、クレジットカードの被害額もひどいものです。
 
 
これほどの被害が出ていることを思えば、慎重になりますよね。
昨年から話題になっているQRコード決済は、クレジットカードを登録して利用するケースも多いため節操なくお勧めするつもりもありません。
 
 
が、対策としては、
・自分が利用している全てのカードを把握する
・使わないカードを解約する
・デビットカードに切り替える
・紛失や盗難時の連絡先を控えていつでも連絡できる様にする
 
 
と言うことが挙げれらますが、みなさん、どのくらい対策できていますか?
  
 

今週の節約術

お金がバラまかれてる!!
 
  
LINE Payが300億円祭と銘打ったキャンペーンを5月20日からスタートしました。
LINEの友だち何人でも1,000円送れちゃうと言うもの。ただし、何人から送られても一人1,000円が上限ですが、まさにバラまきです。
 
 
この反応はとても興味深く、アクセスが集中して受け取れない人が多い一方で、

  • 詐欺じゃないか?
  • 使い方がよく分からない
  • LINEに個人情報は絶対に渡さない!!
  • お前に恵んでもらうほど、金に困ってない!!


と、言うことで送られても受け取らない方が大半の様です。
疑う気持ちは大切ですが、メディアでも取り上げられている様子から詐欺ではないことは理解できると思います。また、「祭り」なので、あまり難しく考えずに乗っかるのも、良いとは思うのですが...
 
 
送った方もそんな軽いノリだったと思いますし「恵んでやる」なんて考えて送っている人は、極めて少ないと思うのです。


執筆者プロフィール

CROSSHEART 代表 伊藤志保

<経歴>
高校卒業後、東証一部上場の製造業からサービス業に至るまで大小様々な業種業界を経験。製造業ではTOYOTA改善方式やPDCA、保険業界ではファイナンシャルプランニング、コールセンターでは電話応対コンクールで全国2位。これまでの経験を通して「情報格差=経済格差」を痛感。少しでも軽減できるよう、人と人、人と情報のBestConnectを目指してアラフィフ女性の「おひとり様経営」支援

<過去取材関連記事>
リビング福岡・北九州 「今どきのお金の基礎知識」
西日本新聞 水曜日コラム連載中「どうなっとうと?デジタル」
ふくおかFGメディア「mymo」FinTech連載
TNCももち浜ストア「キャッシュレス」
FBS めんたいワイド「はじめてのキャッシュレス」 
RKB 今日感ニュース「キャッシュレス」
KBC シリタカ「キャッシュレス」
九州大学芸術工学部 共創授業「キャッシュレスのデザイン」協力