くらし キャッシュレス節約術

キャッシュレスってお金の価値が落ちるよね!?


こんにちは!!

キャッシュレスアドバイザー&ファイナンシャル・プランナーの伊藤志保です。


一昨日、令和ゆかりの太宰府に行ってきました。夜に予定が入っていたので、早めに出て太宰府天満宮と坂本神社に参拝に行こう、と意気込んで出かけたまでは良かったのですが、やってしまいました。
 
 
現金がない!!
 
 
お財布には千円札が1枚に硬貨がちらほら、なんとか参拝はできたものの、子どもの学業のお守りを買うと、御朱印どころかおみくじさえひけないと言う状況。
 
 
キャッシュレスのデメリットは、まさにこういうことのような気がします。
 
 
 

お金の価値ってなんですか?

さて、キャッシュレスにしない理由に「キャッシュレスにするとお金の価値が落ちる(下がる)」と言われます。


そもそもお金の価値ってなんでしょう?
お金は命の次に大事なもの、ということでしょうか?
 
 
お金とは、ものやサービスの価値を測る尺度です。
お金とは、必要なもの、欲しいものを手に入れるための道具です。
 
 
必要なもの、欲しいものは、人それぞれ、環境や成長に伴い変わります。
本当に価値があるのは、お金ではなく、お金の先にあるものではないですか?
 
 
日本では、お金の話をすることを極端に忌み嫌ってきたために、金銭教育も遅れ、形のないサービスは無料という誤解まで生じています。
 
 
貯めて、貯めて、貯めて、日本人は貯蓄を好みますが、貯めただけのお金は何の価値も生み出していません。一方、投資をしたお金は、世の中の役に立ったり誰かの役に立っているので、その対価としてお金が増えます。もちろん、減ることもあります。でも、それが世の常です。
 
 
確かに、お金さえあれば、と感じることもありますが、それもこれも、その先にあるものに価値があるということの現れです。
 
 
お金にはもちろん価値はありますが、必要なもの、欲しいものを手に入れるための道具であり、価値の尺度の一つにすぎません。
現金もキャッシュレスも、1000円は1000円。1円は1円です。
 
 
ご自身にとってのお金の価値とは何か、この機会に考えてみてはいかがでしょう?
   
   
 

今週の節約術

あえてアナログ生活
 
  
もう、私は選択することはない「アナログ生活」ですが、スマホ決済も電子マネーもクレジットカードも、そしてキャッシュカードさえも、全て使わない生活をしてみて下さい。
 
 
お金の入出金は全て通帳を使って窓口での手続き。手元にある現金だけで買えるものを買う。そんな生活には、何かにつけて手数料が掛かってしまうため不自由な上に、支出が増えるように思われがちですが、幸か不幸か、日本人はどんな劣悪な環境にも順応する能力があるため、最初は不自由でも、工夫したり考え方を変えたりすることで、そんなアナログ生活にも慣れてくるでしょう。
 
 
でも、ネットショッピングもできませんし、現金が足りなければ買い物もできません。
無駄遣いは減るでしょうし、じっくり考えて生活するようになるでしょう。結果的に、お金の掛からないスマートな生活に落ち着いていくことでしょう。
 
 
結果的に、なかなかの節約に繋がると言われています。貯蓄も順調に貯まるかもしれません。
便利になるということは、時間や手間をお金で買っているのと同じ。
 
 
時間と手間、そしてお金


あなたにとって、一番大切なものはどれですか? 


執筆者プロフィール

CROSSHEART 代表 伊藤志保

<経歴>
高校卒業後、東証一部上場の製造業からサービス業に至るまで大小様々な業種業界を経験。製造業ではTOYOTA改善方式やPDCA、保険業界ではファイナンシャルプランニング、コールセンターでは電話応対コンクールで全国2位。これまでの経験を通して「情報格差=経済格差」を痛感。少しでも軽減できるよう、人と人、人と情報のBestConnectを目指してアラフィフ女性の「おひとり様経営」支援

<過去取材関連記事>
リビング福岡・北九州 「今どきのお金の基礎知識」
西日本新聞 水曜日コラム連載中「どうなっとうと?デジタル」
ふくおかFGメディア「mymo」FinTech連載
TNCももち浜ストア「キャッシュレス」
FBS めんたいワイド「はじめてのキャッシュレス」 
RKB 今日感ニュース「キャッシュレス」
KBC シリタカ「キャッシュレス」
九州大学芸術工学部 共創授業「キャッシュレスのデザイン」協力