くらし 3ステップできれいな暮らし

増え続ける食器。毎日使いやすい食器棚収納のポイント

毎日使う食器棚、有効活用できていますか?年月や家族とともに増え続ける食器は、ただ重ねるだけだと家事効率も悪くなります。ちょっとしたポイントを学びましょう!

[ステップ1]
普段使う皿を厳選し処分

箱のまま入れている食器は箱から出しましょう。日常でよく使う食器と使用頻度の低い食器に分け、今後使わないもの、1年以内に使っていないものは思い切って処分。
園藤家の普段遣いの食器

[ステップ2]
食器棚には使用頻度順に置く

手の届きにくい上段は正月用の塗りの椀や普段あまり使わない食器を入れ、使いやすい中~下段に日常で使う食器を入れます。

[ステップ3]
湯のみ、茶たくはまとめて収納

以前は棚にそのまま重ねて置き、取り出す時に割ったり、落とすことが多かった湯のみや茶たく。100円均一ショップの取っ手付き収納に入れることで場所もとらず、お茶の用意も楽に。

まとめ

家族とあと何回一緒にご飯を食べられるか考えると、食事の時間は大事ですよね。「お客さま用」の、もう何年も使っていない皿も、日常でどんどん使うようにすれば、家族との食事がとても豊かな時間に変わるのではないでしょうか。

美収納コンシェルジュ 園藤ふみさん
福岡市・北九州市でお部屋片づけ・収納サービスを提供。個人宅・企業の片付け収納法を提案。収納セミナー講師としても活躍
TEL 080-7983-1522
http://www.bisyuno.jp(「美収納福岡」で検索)

リビング北九州2013年11月23日号掲載