洗面所収納と押入れ活用法

今回は、家族全員分の生活雑貨があふれ、ごちゃごちゃとしがちな洗面所。そして奥行きがあり使い方がイマイチわからない押入れ収納のコツを聞きました。

[ステップ1]
隙間を生かした収納を。身支度も1ヵ所で済ます動線

洗面台と壁との隙間にぴったりの収納家具を通販で購入。洗面所で支度が全部済ませられるよう、洗面道具に加え、ファンデーションやアイカラーなどメイク用品も収納しています。

[ステップ2]
洗剤は1カ所に。ストックゼロで無駄買いもなし

洗面台と洗濯機の隙間にも、収納家具を追加。
洗濯洗剤、柔軟剤、漂白剤、衣類のシミとり、アイロン用スプレー、風呂用洗剤、カビとりなど、洗剤は厳選して洗面台下へ。買い置きはせず、なくなりそうな時に買い足しています。ゴミ箱も収納して足元はスッキリと。

[ステップ3] 上にいくほど湿気が少ない押入れ
入れる物に合わせて棚をプラス

押入れは、上・中・下に大きく分けます。上にいくほど湿気が少ないので、上段には季節の雑貨(クリスマス関係やアルバムなど)、中段に布団、下段に季節の家電を収納。収納するものに合わせ、ふとん置き台の高さを変えています。

まとめ

洗面所収納でよくあるのは、スチールのオープン棚にそのまま生活雑貨を置いていたり、棚を置けずに床に置いたり…。美しい洗面所収納のコツは「しまう」こと。隙間でもサイズをきちんと測って棚を入れれば収納力がアップします。また、「見せる収納」は雑多な生活雑貨には不向き。お勧めしません。

美収納コンシェルジュ 園藤ふみさん
福岡市・北九州市でお部屋片づけ・収納サービスを提供。個人宅・企業の片付け収納法を提案。収納セミナー講師としても活躍
TEL 080-7983-1522
http://www.bisyuno.jp(「美収納福岡」で検索)

リビング北九州2013年11月23日号掲載