くらし 3ステップできれいな暮らし

靴箱の収納と玄関インテリア

玄関は、「靴置き場」でも「通り道」でもありません! 家族を送り出し、出迎え、来客が一番初めに目にする場所が、ごちゃごちゃと生活感があふれているのはもったいないですよ。元気に楽しくなる「玄関収納とインテリア」のコツを紹介します。

[ステップ1] 
季節の靴はクローゼットへ。箱に写真を貼りわかりやすく

園藤家では靴箱は1人1段で収納しています。ブーツはオフシーズンは箱に入れてクローゼットへ。シーズン中はブーツキーパーで玄関に立てています。使用頻度が低いけれど捨てられない靴は箱に入れ、写真を貼り「何を持っているか」をわかりやすく。

[ステップ2]
玄関に生活感は×。出しっぱなしにせず片づけを

来客を出迎える玄関は、いわばその家の“顔”。それなのに、靴が何足も置きっぱなしだったり、スチロール製のボックス、捨てる予定の新聞紙が積み重なっていたり…。余計なものを置かないと、風通しも良いですよ。

[ステップ3]
来客の目を楽しませる。季節を先取りした装飾

玄関の靴箱上は、季節を先取りしたディスプレーを楽しんでいます。10月からは、ハロウィンを意識したかぼちゃの装飾を。家にたくさんある紅茶はお気に入りの茶香炉で焚いて香りの演出をしています。

まとめ

靴箱は1人1段を使って収納。湿気がたまりやすい場所なので、棚板は除湿シートでくるみ、扉裏にも除湿シートを下げています。湿気の多い時期は扇風機で風を送るのも良いですよ。「サイズが合わない」「生活スタイルに合わない」靴は、年に2回、春と秋に整理するのがおすすめです。

美収納コンシェルジュ 園藤ふみさん
福岡市・北九州市でお部屋片づけ・収納サービスを提供。個人宅・企業の片付け収納法を提案。収納セミナー講師としても活躍
TEL 080-7983-1522
http://www.bisyuno.jp(「美収納福岡」で検索)

リビング北九州2013年10月19日号掲載