キッチン収納<吊り戸棚・引き出し編>

何をどこに、どうやって入れているの?と気になるキッチン収納。今回は前回に引き続き家事動線がスムーズになるキッチン収納についてレクチャー! さて、“美収納コンシェルジュ”園藤ふみさんの収納術とは…。

【ありがちパターン】

●キッチンの吊り戸棚には、使わない引き出物がぎっしり。
●引き出しに、何を入れてよいのかわからず、ごちゃごちゃ。料理のたびに、「あれどこだっけ?」といつも物を探している。

キッチン収納の鉄則

●よく使うもの(塩・砂糖、計量カップ、はかりなど)を下の段に、上の段に行くほど使用頻度の低いもの(お菓子作り用調理器具、専門器具など)を収納
●100円均一ショップの取っ手付きカゴで目的別に収納
●色を統一するとスッキリと見える

[ステップ1]
<引き出し>1段目は使用頻度の高い調理器具を

取り出しやすい引き出しの1段目には、使用頻度の高い調理器具を。園藤家では普段使っているのは写真の通り。さいばし・トング・ヘラなどは温度変化・耐久性に強いシリコン製を選んでいます。

[ステップ2]
<引き出し>2段目は毎日使うラップや小物を収納

2段目は、よく使うラップやホイル、フリーザーバッグ、小物を収納。ゴムなどは、100円均一ショップの小分けボックスを使い、ごちゃつかないよう、取り出しやすくしています。

[ステップ3]
<引き出し>3段目はゴミ袋類

3段目は袋ストック。「スーパーの袋」「ビニール袋」「指定ごみ袋」は、1枚ずつ畳み、無印良品の仕切り板で仕切った中に入れています。指定ごみ袋は、こうすることで、在庫管理がしやすく、出かける度に買ってくるという、無駄買いがなくなります。

まとめ

片付けをする前に、収納用品を買わない!
まず、いる・いらないを決め、処分して初めて「どこに何をいれる?」「そこに必要なものは?」を考えます。そうしないと使えない収納用品ばかりが増え、さらに片付かない悪循環に…。毎日目にする場所がキレイに変わると、生活やライフスタイルまで変わる人、多いですよ。
美収納コンシェルジュ 園藤ふみさん
福岡市・北九州市でお部屋片づけ・収納サービスを提供。個人宅・企業の片付け収納法を提案。収納セミナー講師としても活躍
TEL 080-7983-1522
http://www.bisyuno.jp(「美収納福岡」で検索)