衣替えと押し入れ収納

そろそろ衣替えの時期。秋・冬服を出して、夏服をしまう、手間のかからない方法とは?また、衣類ケースの奥底に眠って、シーズン中一度も着なかった!という洋服もあるはず。深い押し入れの上手な収納方法を教えてもらいました。

[ステップ1]押し入れは前後に区切り衣類ケースごと衣替え

奥行きがある押し入れは、前後に区切って衣類ケースを入れるのがおすすめ。手前に今シーズンの衣類、奥に季節外の衣類を入れ、衣替え時はケースごと入れ替えるのが簡単! 奥行きのあるケースなら、ケース内で手前と奥に区切ると見やすいですよ。

[ステップ2]ケースには種類別に収納。ざっくりとした“居場所”も

下着、靴下、長ズボン…など、種類ごとにケースに収納。園藤家では、家族全員の収納を1カ所にまとめ、大人用は上段、子ども用は下段と目線に合わせて入れています。あまり使わない季節の雑貨は天袋へ…。すぐに洗わない服、部屋着などは“放り込みBOX”にざっくりイン。

[ステップ3]色と面を揃え、統一感。ケース内には仕切り板を

ケースには内側に白い紙をテープで貼り、表にラベルシールを貼っています。色と面を揃えると、統一感があり、スッキリします。また、ケース内にはごちゃっとしないように仕切り板を。こうやって衣類の居場所を作ると、洗濯物をたたんで置いておくだけで、各々が自分で片づけるようになったそう。

まとめ

押し入れやクローゼットの収納は前後に区切るのがポイント。奥行きのある衣類ケースだと奥にある衣類を忘れがちなので、これも前後に区切ると衣類が取り出しやすく、見やすいですよ。また、ケース内の仕切り板は、グッディでTシャツ用・下着用と用途に合わせて購入しました。
美収納コンシェルジュ 園藤ふみさん
福岡市・北九州市でお部屋片づけ・収納サービスを提供。個人宅・企業の片付け収納法を提案。収納セミナー講師としても活躍
TEL 080-7983-1522
http://www.bisyuno.jp(「美収納福岡」で検索)