スウェーデンで祝う、初めてのルシア祭

祝日ではないけど大事な日、聖女ルシアの日


12月13日は聖女ルシアの日(Luciadag/ルシアダーグ)でした。子供ができる前は「白装束を着て、八つ墓村みたいなロウソクを頭に飾った少女が行進する、パンを食べる日…」という漠然としたイメージしかなかったこの日。

子供の保育園でこのルシアの行進(Luciatåg/ルシアトーグ)をやるというので、夫婦で張り切って出かけてきました。

ちなみに、ルシア祭はウィキペディアにかなり詳しく説明されています。http://ja.m.wikipedia.org/wiki/聖ルチア祭

ルシア行進の招待状

最初は来る気がなかった夫ですが、周りの話を聞くと子供のルシア行進は結構重要イベントらしく、半休を取ってもらったところ上司も「ルシアなら当然よね」という反応だったそう。ちなみに夫の直属の上司は女性、その上の上司も女性、社長も女性です。スウェーデンっぽい。
 
2時半開始予定の行進ですが、いい席が取りたければ数分早く来てくださいと招待状には書いてありました。数分でいいのかい…?と思いつつ10分前くらいに着いたところ、すでに会場となるプレイルームには数人のお母さん方が。

うちは中東系の子供が9割の保育園なせいか、来ているのはお母さんばかりでしたが時間ギリギリになって2、3人お父さんもやってきました。他の園ではもっと両親揃ってうじゃうじゃ来ているらしい…いくら少人数園とは言え、全員が両親揃って来たら子供が行進するスペースがなくなりそうなので、うちの園はこれでラッキーでした。
 

ルシア行進の本番

さて、部屋の電気が落とされると隣の部屋からドアを開けて、子供たちがナポリ民謡「Santa Lucia」のスウェーデン語バージョンを歌いながら入って来ました
先頭が聖女ルシア役の女の子です。うちの子が果たして行進できるのか?ちゃんとやってるの見たら泣いちゃうかも…と思いながら携帯のカメラを構えたのですが、娘は先生に手を引かれてしっかりと、息子は連行されるようにぐねぐね抵抗しながらやって来て、行進が終わるとわんわん泣き始めたので笑ってしまいました(笑)。我が子の成長を感じてジーン、どころではない。

床に座ってゴネるスタイルです。
私を見つけて走ってきた息子はその後のコーラスには加わらず、娘も「あ、そっちに行っていいのね?」とばかりにやってきてやはりコーラスの輪には戻らず。もともと歌は無理だったので、まぁ最初のルシアとしてはこんなものでしょうか。
他の、ちゃんとしているお子さんたち

やはり外せないフィーカ

子供たちがキラキラ星やクリスマスの歌を歌い終わった後は、親たちも交えてフィーカ(お茶)の時間。

Sockerfri(ソッケルフリー、砂糖除去)の園ですが、この日は飲み物もルッセカット(ルシアのパン。以前の記事をご参照ください)もジンジャークッキーもお砂糖が入ってて、子供たちは大騒ぎでした。ジンジャークッキーはこの日のために子供たちが作ったそう。なんとうちの双子もお手伝いしたそうで、保育園のインスタグラムに写真があがっていました。

そう、イマドキの保育園はインスタグラムのアカウントがあるんです! うちは他の保護者の方針で顔出しナシな写真がほとんどでつまらないのですが、友達の園では子供たちの写真も給食の写真もあるそうで羨ましい…

他の保護者の方達は同じ言語圏の人で固まっていてあまりお話しできなかったのですが、ルシアに選ばれた子はお父さんが来れなかった代わりにおじいちゃんおばあちゃんとお母さんがいらしていて、とても誇らしげでした。最近ではルシア役を複数でやるのが普通みたいですが、うちの園は一人だけ。その子だけ白装束で、他の子は写真の通りサンタさんやジンジャーマンのコスチュームで参加しました。

クリスマス前に大人の気配り…

窓の飾りつけお部屋の中は、12月に入ってから子供たちがコツコツ作った飾り付けでいっぱい。それらを眺めながら、次の週で残念ながらお辞めになるうちの担任の先生とお話をしてから我が家は帰りました。
味のあるサンタたち窓際にはお約束のアドベントキャンドル。

もうすぐ他の先生たちも交代でクリスマス休暇に入るみたいなので、プレゼントをお渡ししないといけません。休暇前には先生にプレゼントを用意するというのを友達から聞いてバタバタ用意しました!これ、友達から聞かなかったらそんな気も回らず「あそこはほんとに…」みたいに思われてたかと思うと恐ろしい。
保護者がお金を集めてまとめてプレゼントを買ってくれたら楽なんだけどな〜と思いつつ、新参者なので今年は様子見です。他は誰もプレゼントあげてなかったりして(笑)

名前:有希(ゆうき)
2011年に福岡からスウェーデン・ストックホルムへ移住した福岡女子(アラフォー)。
2016年に女の子と男の子の双子を出産しました。北欧でオロオロ育児をしている毎日をお届けします!よろしくお願いします(*´ω`)