スウェーデンの8月はザリガニの季節

連日の30度越えの乾燥の日々から一転、雨が数日続いて一気に気温が下がったストックホルムです。涼しいけど、これが本来のスウェーデンの夏かな?という気候になった日曜日、友人の家で行われたKräftskiva(クレフトフィーヴァ/ザリガニパーティ)へ行ってきました!

ザリガニパーティってなんなんだい


8月になると、スウェーデンではザリガニ漁が解禁されるためそれを食べるKräftskivaも8月の風物詩となっております。ザリガニを採る…というと、幼いころやったザリガニ釣りを思い出しますが、スウェーデンのザリガニ漁は許可証を取らないとやってはいけないそう。

地域新聞にはMälaren(メーラレン スウェーデン最大の湖)は今年は採れる量が少ないので、満足のいく量をとるためには数日見ておいた方がいいでしょう、と書いてありました。金属でできた小さな罠を水に沈め、しばらく放置しておくのが一般的なザリガニ漁の手法みたい。

そして採れたザリガニは泥抜きをし、ディルという香草の花と塩を加えた水でゆでた後冷めてから食べます。そのザリガニを食べるパーティがクレフトフィーヴァというわけ。多くの場合、このパーティの時にはスナップスというジャガイモの蒸留酒やビールを飲むらしいのですが、私たちはおのおので持ち寄ったカクテルやビールを飲みました。

甲殻類だけあってザリガニを食べる時は汁がよく飛びますし、あとあと結構匂うので、このパーティに使える紙製のテーブルクロスやエプロンが8月になるとスーパーで売っています。また、このパーティの時にはなぜかお月さまの顔のデコレーションを天井からつるしたり、ザリガニをかたどった紙の帽子をかぶったりとそれは悪ふざけなのでは?と思えるほどザリガニ推しの雰囲気。
に っ こ り
写真は、8月20日から交通機関のダイヤが冬のタイムテーブルになりますよ、クレフトフィーヴァに遅れないように!というユーモアあふれる地下鉄の広告。冬のタイムテーブルて。こんなところに来とうはなかった!!
ザリガニファングッズ
近所のスーパーのクレフトフィーヴァコーナー。月のオーナメントは恐ろしすぎて毎年買わずにスルーしてますが、ベランダに吊るしたら鳩よけになりそうですね。

生か冷凍か、国産か外国産か


さて、日本人と同じく「国産」という響きに魅力を感じるスウェーデン人ですが、ザリガニも例にもれません。スウェーデン産のザリガニ、しかも生(というか冷凍していない、茹でただけのもの)が売っているのを見かけましたが、やはりなかなかのお値段でした。ちなみに街中のスーパーで7月に生ザリガニを売っていたのを見かけましたが「ザリガニ入荷しました。こっそり売ります」みたいなPOPがついていて笑ってしまいました。

生のザリガニは病気を媒介すると敬遠された歴史もあり、今は冷凍物がよく売れているみたいです。輸入ものがほとんどですが、輸入元は中国・トルコ・スペインなど。これはすでに塩ゆでして冷凍してあるので、パーティの前日に中の袋ごと水に漬けてゆっくり解凍するだけでいいのですごく楽です。
シンクで一晩
うちはまるごとザリガニ半分、頭を取った身だけのものが半分入っている中国産を買っておきました。パーティでは4家庭集まり、それぞれがザリガニを持参する予定だったのでうちはひと箱だけ。もっと買おうとした私を「いつも食べ物余るから!」と夫が止めたのですが、これは慧眼だったことが後ほど分かりました(笑)

 

プール遊びか~ら~の~ザリガニ


当日はお昼から友達の家の近所にあるじゃぶじゃぶ池(水深が浅い水遊び場)のような所で子供を遊ばせたあと、昼寝を挟んで友人宅でザリガニパーティというスケジュールでした。あらかじめ友人宅の冷蔵庫にザリガニを託した後、予定の時間より早く私たちは遊び場に到着し遊ばせていたため、他の子供たちが到着するころには私も夫も疲労困憊…。昼寝をしてくれたときにはホッとしました。

友人宅ではそれぞれ持ち寄ったザリガニを一気に開封。ちょっと食べるのをためらう絵面…。
迫力の赤

しかし見た目がなんだ!甲殻類なら日本人に任せとけ!!というわけで食べ始めましたが、リビングルームで食べると汁が飛びそうで怖かったので、みんなキッチンにザリガニを取りに来てささっと食べてはリビングで談笑&子供の相手、みたいなプロフェッショナルな感じでした(笑)

4年ほど前に私も自宅でクレフトフィーヴァをしたことがあるのですが、その時はザリガニにびびって用意する量も少なく、まだまだ素人感の抜けないザリガニパーティだったのですが友人宅のはまさにザリガニを喰らう!!という感じでたくさん食べられた上に子供も相手してもらえて楽しい一日でした!
ためらいの見られるテーブル
 
「この玩具すごい!」
友達の家の玩具の豊富さに、毎回訪れるたびに魅了されている双子です。二人ともザリガニをちょっと食べてみて、娘はお代わりしていましたがやっぱり海老の方が好きみたい。剥くのが面倒なのでありがたい(笑)

ザリガニは頭を外して味噌をすすり、身の部分は殻をむいて食べるのですが、その頭をすするのが気持ち悪くてできない夫は身だけ食べていました。意外とそういう人が多いのかもしれませんね、頭を取ったセットが売っているくらいですし。
チーズパイ

友人は、Västerbottenpaj(ヴェステルボッテンパイ)というヴェステルボッテンチーズをつかった、クレフトフィーヴァには付き物の塩気の強いチーズパイも焼いてくれていました。ベーキングがとても上手な友人で、このパイもとても美味しかったです!

撤収も日本人らしく


紙皿もナプキンもで準備してくれていた友人ですが、おかげで食後にビニール袋にまとめるだけで良かったのでとっても楽でした! 日本人が集まると誰からともなく片付けをしますが、これスウェーデン人の集まりだとみんなが帰った後にひたすら主催者が片付けと洗い物、と聞くけど本当なのかな…?都市伝説?夫家族と集まるときは確かに誰も片付けしないけれども。


ゴミはひたすら生臭くなるので、すぐに外に捨てに行きました。24時間捨てられるのってありがたいなぁ、と実家に帰ってゴミ出しの曜日を確認するたびに思います(笑)。お酒のビン・缶も回収するところがマンションの外にあるのでいつでも捨てられて便利です。袋がザリガニの殻でいっぱいなのはなかなか見ごたえのある光景でした。そしてかなりの量が残ったので、ちゃっかり持ち帰りした私たち。翌日の夕飯の一品になりました。

私が移住してきてから、やたらと季節の行事に付き合わされている夫ですが、これも外国人の嫁をもらったものの宿命として頑張ってほしいものです(笑)
名前:有希(ゆうき)
2011年に福岡からスウェーデン・ストックホルムへ移住した福岡女子(アラフォー)。
2016年に女の子と男の子の双子を出産しました。北欧でオロオロ育児をしている毎日をお届けします!よろしくお願いします(*´ω`)
★インスタグラムは「courage1222」★