テクニックなしで、すぐできる! 「アクリル絵の具と割り箸の簡単アート」

割り箸の背の溝を使うと、絵の深みを手軽に出せます

「アート」と言うと、ちょっとハードルが高いな…と思われる人も多いかもしれませんが、身近にあるもので簡単にできるのであれば、チャレンジしてみようと思いませんか?

今回紹介するのは、なんと割り箸を使って描くもの。他の材料も100円ショップで全て揃うので、気軽にチャレンジできますよ。

キャンバスにアクリル絵の具を水で薄めないまま塗っていくのですが、道具は絵の具を絞り出す際に使う紙皿と筆の代わりに使う割り箸だけ! まずは白から塗り、徐々に黒を加えながらグラデーションになるようにします。

割り箸の背の溝がちょうどよい感じで凹凸を作ってくれて、テクニックなしで絵に深みが出ます。私は白黒で作りましたが、鮮やかカラーのグラデーションアートもかわいいかもしれませんね!

ぜひ、試してみてください。
 

用意するもの:アクリル絵の具(白・黒)、割り箸、キャンバス、紙皿
白のアクリル絵の具(水で薄めない)を割り箸でキャンバスに塗り、4分の1ほど塗ったら黒を少し混ぜたグレーを追加
徐々に黒の配分を増やしていくとキレイなグラデーションに。割り箸の溝のおかげで凹凸が勝手にできるのがポイント
佐々木なほさん
インテリアやおうちごはん等のブログ「WITH LATTICE」主宰のブロガー。
http://n-lattice.blog.jp/