まち 編集部発!耳より情報

心に染み入る〝泣き歌〟にリピーター続出! 林部智史さんにインタビュー

人気カラオケ番組でめきめきと頭角をあらわし、2016年2月24日、シングル「あいたい」でデビュー。〝今、もっとも泣ける歌〟として口コミで広がり、発売後4か月で有線全国ランキング1位を獲得。その後もロングセールスを続け15万枚を突破するなど、躍進を続ける林部智史さんが、西日本リビング新聞社に来社!



5月24日(木)に福岡国際会議場でのコンサートを控える林部さんに、その意気込みを聞きました。

等身大の「今」が詰まったアルバムが完成

──今年1月に、待望のファーストアルバム「Ⅰ」(ファースト)が発売されました。反響や出来栄えはいかがですか?

デビューから2年近くかかって出せた初アルバム。いろんな方に「早く出してほしい」と言って頂いていたし、また歌手としてシングルとアルバム両方出して、やっと「いちアーティスト」という感覚もあったので、嬉しかったですね。

今回のアルバムに入っている13曲中、12曲の作詞・作曲に携わりました。なかでも「光へ」「僕はここにいる」の2曲はデビュー前に作った曲なので、それをプロになって発表できたのも感慨深いです。また、収録曲のデビュー曲「あいたい」や3rdシングル「だきしめたい」は、幅広い方に共感してもらえるように思いを込めて書きましたが、それ以外は、今の「20代の自分」を表現したものがほとんど。等身大のアルバムになったんじゃないかと思います。
 

「泣かせよう」とは思っていない

──デビューから3年目を迎えて。
デビューから2年4カ月かけて、お客様の年齢層が変わっていったり、コンサートでの選曲や歌い方も、だんだんと変化をしてきました。今回のツアータイトルは「意志の上にも三年」。まさに「意志」を固定する年、今までやってきたことをしっかり固める年だと思います。

──「泣き歌」としてクチコミ人気も絶大です。泣かせる歌の秘訣は?
「あいたい」のような〝泣き歌〟は、「泣かせよう」と思わない方がいいと思っています。「泣かせよう」とすると歌が「演技」になっていまいますから。〝泣き歌〟に関して言えば、「歌を届けよう」というより、「自分と歌との戦い」という気持ちで、自分がどれだけその歌の世界に入れるかだと思っています。そしてその姿をお客様に見ていただいて、感じ取っていただければ。

自分が泣いてしまってはいけないので、いつも泣くギリギリのところで歌っていますね。といっても、涙ぐんでいるお客様を見て、ぐっときちゃうことも多いんですけど(笑)。

──今後、どんな歌手を目指していきたいですか?
僕は「シンガーソングライター」ではなく、「歌手」「歌い手」だと思っています。目指すところは「コンサートアーティスト」。コンサートに足を運んでいただいて、一曲一曲を身を削りながら、自分をすり減らしながら歌にかけている姿を見て、歌を聞いていただければと思っています。

 

福岡公演ではスケールアップしたステージを

──福岡での公演も多数行っていますが、福岡のお客様の印象は?
実は、前回の公演の演出上「ここで拍手してもらえると嬉しいな」というポイントがあったんですが、バッチリ狙い通りに拍手を下さったのが福岡の皆さんだったんですよ! またコンサート中も心地よいタイミングで拍手を下さったり、嬉しかったですね。

──5月24日(木)は福岡公演も! 意気込みをお願いします。
今回は福岡国際会議場という大きい会場で、これまでお見せできなかった演出もしっかり披露できるので気合が入っています。前回来ていただいた皆さんにも、また新しい一面を見ていただけると思います。特に、今回30歳になって最初のコンサートということもあり、「意志」の伝わるコンサートにしたいと思っています。また、6月20日にリリースする新曲「恋衣」も披露します。スケールアップしたステージを、ぜひ楽しみにしてください!
 

おまけ/歌ってどうやったらうまくなるんですか

── 最後にどうしても一つだけ。「歌がうまくなりたい」という編集部員がいるんですが、どうしたらうまくなれますか?

「うまい」って決めるのは結局自分なんですよね。人に言われても、実感がなければ「上手くなった」と思えないですよね。だから、結局「自分に対してうまくなる」しかないんです。

つまり、できることは「自分の歌を聞く」こと。みんな自分の歌を聞くのはあんまり好きじゃないと思いますが、聞き返しているうちに、1曲の中で「ここはマシだな」「ここは気持ち悪いな」というところが出てきます。そしたら「マシだな」っていうところを増やしていけばいいんです。耳をそむけず嫌な所をなおして、良いところを探していく。それがうまくなる方法だと思いますよ。

ーーー

さすが、心に染み入る「泣き歌」の名手。歌の上手くなり方を聞いていたつもりが、仕事や生き方にも役立ちそうな助言をいただいてしまいました。耳をそむけず嫌な所をなおし、良いところを探す…折りに触れて勇気づけられるアドバイス、ありがとうございました!

歌と真摯に向き合う思い、コンサートにかける意気込みを、一つひとつ丁寧に語ってくれた林部さん。これからの飛躍がますます楽しみですね。
 
林部智史 CONCERT TOUR 2018 ~意志の上にも三年~
■日時 5月24日(木)18:00開場、18:30開演
■会場 福岡国際会議場メインホール(福岡県福岡市博多区石城町2-1)
■料金 6000円(全席指定)
■問い合わせ キョードー西日本 
 TEL 092-714-0159(平日10:00~19:00、土曜10:00~17:00)

ーーーーー

作詞・阿木燿子&作曲・来生たかおによる書き下ろしラブソング!
6月20日(水)発売 4thシングル「恋衣」

 【CD+DVD】AVCD-94118/B ¥1,500(本体価格)+税
 【CD】AVCD-94119 ¥1,000(本体価格)+税