まち 編集部発!耳より情報

今年も「グランド ハイアット 福岡」のクリスマスケーキが登場!

先日、「グランド ハイアット 福岡」の「クリスマスケーキ2018」をひと足先に試食しました。総料理長・鐘ヶ江浩二シェフ監修のもと、パティシエが手掛けたとっておきのクリスマスケーキ5種を紹介します。

夢ある「クリスマスジャーニー」

まずは、すでに予約がきているという人気の「クリスマスジャーニー」(限定10台、3万円)。
見てください、このわくわく感が詰まったスイーツたちを!
パーティー向けに作られた特別な内容です。真中にある、ジンジャーブレッドハウスを中心に、世界4カ国を代表するケーキが楽しめます。
地産地消の食材をたっぷりと使って、こだわりぬいたケーキたちです。
お家の壁柄はすべて手描きというから驚きです。
お家から時計回りに
・ジンジャーブッレッドハウス(21㎝×22㎝×18㎝)
ジンジャークッキーで作られたお菓子の家。中には、キャンディーやクッキーがたくさん詰まっています。

・九州ショートケーキ(日本 16㎝×16㎝)
九州産の厳選素材と福岡県あまおうを使用した上品な味わいです。

・ティラミス+八女伝統本玉露(イタリア 18㎝×18㎝)
濃厚で深い味わいと、ほどよい甘味が魅力の八女伝統本玉露のティラミス。
玉露入りのシロップが生地に染み込んでいて、にんまり。

・モンブラン+熊本和栗(フランス 直径18㎝)
カシスジャムがアクセントに!

・ニューヨークチーズケーキ+九州産みかんジュレ(直径18㎝)
ひと房ずつ丁寧にみかんをむいて作られた、さっぱりジュレと九州産クリームチーズ×フランス産ブリーチーズの濃厚な味わいのチーズケーキ。

※なんと、すでに完売したという連絡がきました!

 

熟練パティシエのみで作る「九州ディライト」

 九州産の厳選素材を使用したプレミアム感たっぷりのショートケーキ。
奄美諸島の素焚糖(すだきとう)、福岡県産プレミアム小麦粉、高千穂発酵バターなどの
高級クリーム。さらに、あまおうは、特に甘味が強く大粒のものをたっぷり!
高い技術を持つパティシエのみが作る、スペシャルなケーキです。
限定60台。直径21㎝、1万5000円、アルコール不使用。

初登場! アイスの「ブッシュ ド ノエル」

珍しいアイスケーキが新登場! チョコレートアイスの中にピスタチオアイスと素材そのものが味わえるイチゴの果肉、酸味が利いたラズベリージュレが入っています。
クランチのサクサク感がアクセントでペロリと食べちゃいます。
限定100台、23㎝、5000円、アルコール不使用。

王道で美しい「クリスマスショートケーキ」


そぎ落とされた究極の味わい。豊かなミルクの生クリームをふんだんに使用した、シェフ自慢のひと品です。
限定700台、直径15㎝、5000円、アルコール不使用。

チョコ好きの人はぜひ! 「ベルガモット ショコラ」


少人数用のクリスマスケーキが欲しい! というあなたにおすすめの「ベルガモット ショコラ」。フランス・カカオバリー社の最高級ビターチョコレート(カカオ含有率65%)、ミルクチョコレート(カカオ含有率40%)をブレンドして作ったオリジナルのチョコムースで、ベルガモット風味のムースとキャラメルソテーした林檎を包んだチョコレートケーキです。絶妙に調合されたチョコレートの濃厚さで幸せなひとときに…。
限定300台、直径12㎝、3500円、アルコール不使用

ラムがポイント「プレミアムシュトーレン」


奄美諸島の徳之島で造られる手作りのラムが魅力。キャラメルやハチミツのような芳醇な香りとまろやかさが特長です。これに漬け込んだドライフルーツを、九州産小麦を使用した生地で包みこみ焼き上げられています。
限定200台、16㎝、3000円。

クリスマスケーキの予約受け付け中です。
早めの予約がおすすめです。

確かな味わいでクリスマスを彩るディナー

12月22日(土)~25日(火)は、特別なクリスマスディナーコースが登場します。1万5000円(サービス料込、税別)。その一部を特別にいただきました。
焼き立て、作りたてが運ばれてくるライブ感もごちそうの1つ。

美しい。クリスマスリースをイメージして盛り付けられた前菜。
ぷりぷりとした呼子産フグのタルタルと、濃厚なオマールコンソメゼリーの驚きの食感と融合が堪能できます。
これまた、初めていただきました。長崎県産マグロの炙りを、グリーンマスタードソースと卵黄のシェリービネガーで堪能します。それぞれの味を楽しんだ後は、マスタードソースと卵黄を混ぜていただくのも◎。

「ザ マーケット エフ」の料理長・後藤 健一シェフ自らが鹿児島の生産者の所に出向いて取り寄せている鹿児島産「かのや紅はるか」を使ったクリームスープとフラン 珍しい九州産の蛤添え。
かのや紅はるかの濃厚さと、スープのクリーミーさが相まっていて、なんとスープの中にはペースト状のプリンのような土台が隠れています。口に含むととろけるいい塩梅のやわらかさ。そこに、蛤のぷりっとした食感が相まって…もう感動しました。

そして、メインは驚きのエスプレッソコーヒーソースとシェフ得意のトリュフソースで楽しむ博多和牛フィレのグリル。

豚足とオックステールのパイ包みも添えてあります。
コーヒーのいい香りがに、エスプレッソの苦みとトリュフソース、博多和牛が合うんです! 初めて食べた〝大人の味〟です。

いずれも、詳細はグランドハイアット福岡へ。