まち 編集部発!耳より情報

驚きの食感! 赤いダイヤ「数太子」が誕生

「辛子明太子と言えば、やっぱり博多」。
そんなイメージを覆す商品が登場!その原料は、なんと数の子なんです。

今回、年末限定で販売される「数太子(すうたいこ)」のPRのために、佐賀県鳥栖市の明太子製造会社「蔵出しめんたい本舗」のPR隊が来社。製造秘話や、こだわりを語ってくれました。

「蔵出しめんたい本舗」の古川千夏さん
ー「数の子」の明太子が生まれたきっかけは?

ある日、オホーツク海の漁船で獲れた明太子の材料であるスケソウダラの卵の中に、数の子の原料であるニシンの卵が混ざった状態で、私たちの元へ届きました。
そこで、試しに明太子の調味液に漬けてみたところ、数の子ならではのしっかりとした食感が新鮮で、商品化に向けて試作を重ねることになりました。

ー数の子ならではの工夫があれば、教えてください

弊社では、明太子の調味液には焼酎を使用していますが、数の子には日本酒の方が合うということで、日本酒を選びました。
フランスで開催された日本酒のコンクールで最高賞の「プラチナ賞」を受賞した、佐賀県の基山町で製造されている「基峯鶴」の「純米吟醸 山田錦」を使い、コクと深みを出しています。

早速、試食!

数の子ならではのシャリッとした歯ごたえを楽しんでいると、口の中いっぱいにふわりと上品な辛味が広がって、つい「もっと」と手が伸びます。


ーこれは、お酒を飲む方にはたまらない味でしょうね!

はい(笑)。お正月の席にも合うと思います。
明太子の「飾り辛子」の代わりに金粉があしらって、見た目も華やかにしています。数の子は子孫繁栄を願う縁起が良い食材として、おせちには欠かせないものですので、大切な方へのギフトにもオススメです。

数の子の新たな魅力を教えてくれる「数太子」。
もっと詳しく「数太子」のことを知りたい人は
 こちら  

蔵出しめんたい本舗「数太子」

■問い合わせ/蔵出しめんたい本舗 通販事業部
TEL:0120-877-333(9:00~18:00)



 
蔵出しめんたい本舗 「数太子」

■価格 5400円(税込・送料別)
■内容量 200g
■賞味期限 冷蔵14日間 ※300個限定。限定数に達し次第、受付終了

■予約受付開始日 2018年11月3日(土)から
■発送開始日 12月3日(月)から

 
<予約受付>
■蔵出しめんたい本舗 本店・弥生が丘店・通販事業部
本店:佐賀県鳥栖市藤木町若桜4-9
TEL:0942-82-3339(10:00~18:00)

 
弥生が丘店:佐賀県鳥栖市弥生が丘5-1-1
TEL:0942-87-9330(10:00~19:00)
 
Eメール:info@kuradashi.co.jp
ホームページ: http://www.kuradashi-mentai.com/