まち 編集部発!耳より情報

リビングツアーも実施! 「第21回別府アルゲリッチ音楽祭」

1998年にスタートした「別府アルゲリッチ音楽祭」は、世界的ピアニストのアルゲリッチ総監督自らが企画に関わり、「育む」「アジア」「創造と発信」を3つの大きなコンセプトに掲げた音楽祭です。

事務局の松村さんと松山さんが来社。第21回の見どころ、聴きどころを語ってくれました。


21回目となる今年のテーマは「悠久の真実~ベートーヴェン」。
5月12日から6月2日までの日程で、別府市と大分市、また東京で、計10公演が行われます。

注目は、世界的指揮者のシャルル・デュトワが指揮を務める公演(5/18)芥川賞作家・平野啓一郎さんがベートーヴェンについて語る講演(5/19、要事前応募)

西日本リビング新聞社では、5/18(土)~19(日)の1泊2日でツアーを開催。5/18の公演のGS席と、5/19の講演を楽しめます。詳しくは3月9日号のリビング福岡・北九州で!

ツアー告知記事はこちらから
https://www.livingfk.com/culture/archives/2695

そのほか、大分市の平和市民公園能楽堂で初めて行われる演奏会(6/2)や、「学生たちが一流の演奏家の指導を受けて音を作っていく過程を楽しんでほしい。最初と最後で音が変わってきますよ」(松村さん)という公開チェロ・マスタークラス(6/1)、過去のアルゲリッチ音楽祭を楽しめるフィルムコンサート(5/25)など、多彩な企画が繰り広げられます。

音楽に彩られる別府・大分へ、足を運んでみませんか。
 
 
別府アルゲリッチ音楽祭
チケットは大分・別府公演 2019年3月10日(日)10:00 販売開始
※東京公演は3月中旬発表予定
https://www.argerich-mf.jp/