特ダネトピック 編集部発!耳より情報

6月はホテルニューオータニ博多で「美味しい旬感、福岡グルメフェア ~八女~」

「ホテルニューオータニ博多」では、6月1日(木)~30日(金)「美味しい旬感、福岡グルメフェア ~八女~」を開催。福岡が誇る抹茶の産地・八女。質の高い八女茶を、料理やデザートに生かした限定メニューが各レストランで登場します。

とっておきの1日限定のイベントも開かれます。
ひと足先に6月4日(日)に開催される、「八女伝統玉露を味わう ~アフタヌーンティーセットとともに」招待会に参加してきました。

初めて八女伝統本玉露を飲んだ時の感動は今でも鮮明に覚えている私はわくわく。
八女観光課の荒川さんと、日本茶インストラクターの辻さんが八女茶について説明してくれました。
美しいでしょう? まずは、新茶の煎茶を。水がキレイで〝ホタルと銘茶〟の町・八女市上陽町で作られたさえみどりという品種。あえてワイングラスにつぐことで、香りが飛ぶのを防ぐのだそうです。何とも濃厚。

そして、八女伝統本玉露を水を入れていただきます。


はーやはり絶妙なお味。

さましたお湯でいただくとまた違った味わいです。
甘くて、味わい深いです。このレクチャーだけでも十分満足。

さらに…。
場所を変えて、日本料理の千羽鶴へ。


ふふふ。なんと3段! 

見てください。みるも鮮やか!
下から時計回りに。
三段目は、千羽鶴の出し巻きサンドに博多地鶏ハムの炙り。
二段目は、ミニミニ鉄火丼に、八女玉露茶葉の白和え。新茶やアーモンド入りで食感も楽しめます。
1段目は、和三盆を使った黒糖ロール、国産寒天のほどよいやわらかな食感に沖縄産の濃厚な黒糖がうれしいスーパー黒豆かん、黒蜜や抹茶のあんでにんまりする抹茶大福、濃厚で本格的な抹茶のマカロン。

そして、この舛カルポーネは、八女抹茶に豆乳クリームが相まって、下のクラッカーがいいアクセントに。

八女伝統玉露が味わえて、このボリュームで3300円はお得(税・サービス料別)!

6月4日(日)15:00、15:30からあり、すでに15:00はうまりそうとのこと。早めに予約を。


「千羽鶴日本酒の会 ~八女~」や「プレミアムナイトデザートビュッフェ ~八女~」といった1日イベントや、そのほかの情報はHPを。