まち ふむふむ福岡動物メモ

木に隠された、ヒョウの寒さ対策

福岡市動物園の飼育員ならではの目線で綴る、福岡と動物に関するミニ知識

新しくなった獣舎は工夫がいっぱい今年は暖冬と言われますが、温暖な地域に生息する動物にとってはまだまだ寒さに気をつかいます。例えばヒョウ。野生だと天敵や獲物から距離を測りやすい岩場や木の上など、高い場所に登る習性があり、獣舎でも高い場所でくつろぐ姿が見られます。

しかし寒い時は写真のように、この木の上がお気に入り。実はこの木は偽物で、中にヒーターが仕込んである優れものなのです。このようにリニューアルされた獣舎には、動物が快適に、そして人間が観察しやすい工夫が施されています。

廣瀬豊さん(福岡市動物園飼育員)
ヒョウの担当になって約1年。副担当期間と合わせると3年になります。

ヒョウの詳細は動物園HPで
http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/

リビング福岡2019年3月9日号掲載 ※情報は掲載時点のものです