まち ふむふむ福岡 アートメモ

「どこでも美術館」を実施中!

福岡市美術館の学芸員ならではの目線で綴る、福岡とアートに関するミニ知識
東アフリカの布・カンガを身にまとってファッションショーを行っている様子

改修中の福岡市美術館では、小学校や公民館へ出向き所蔵作品に関連した体験・鑑賞プログラムを行う「どこでも美術館」を実施しています。

先日、公民館の高齢者向け事業に、染め・織りものの教材を持って行きました。好奇心いっぱいに染料や糸、布について話をする皆さん。東アフリカの色鮮やかな布・カンガを身にまといファッションショーをすると、歓声があがりました。新しい発見や体験が充実感を生み、その積み重ねが人生を豊かにしていくのだと実感しました。

私たちにも学びの多い「どこでも美術館」。次はあなたの町の公民館に行くかもしれませんよ。

上野真歩さん(福岡市美術館学芸員)
教育普及担当。「休館中に配属されたので、リニューアルオープンした美術館で働くのが楽しみです」。

福岡市美術館HP
http://www.fukuoka-art-museum.jp/

リビング福岡2018年11月3日号掲載 ※情報は掲載時点のものです