まち ふむふむ福岡博物メモ

“福岡市誕生まで、あと2年!”の図

 

福岡市博物館の学芸員ならではの目線で綴る、歴史や郷土などに関するミニ知識

福岡と博多の違いは、市外の人には少し分かりにくいところがあります。しかし、江戸時代には2つの地域は明確に区切られていました。

その境目は那珂川の左岸。ここには巨大な石垣と枡形(ますがた)門がありました。上の資料は、そんな石垣が取り払われる途中の段階をとらえた図。橋を中心として右の海側はまだ残っていますが、左の上流側はすでにありません。

1889(明治22)年に福岡と博多が一体となって福岡市が誕生するまで、あと2年の景観です。本図は「市制施行130周年記念 福岡市 これまでとこれから1」(7/15まで開催中)でご覧になれます。

宮野弘樹さん/市史編さん担当
専攻は日本近世史。「昔の風景写真に現代の景色がぴったりと重なると、えもいわれぬ快感を覚えるタイプ」

福岡市博物館
http://museum.city.fukuoka.jp/

リビング福岡2019年4月19日号掲載 ※情報は掲載時点のものです