グルメ

福岡空港へ急げ! “ラーメン滑走路”に行くべき5つの理由

ぐっと冷え込んできて、なにか温かいものが食べたい季節。そんな時期にピッタリの、新名所が誕生しました。その名も「ラーメン滑走路」!

福岡空港国内線ターミナルビル3Fの「ラーメン滑走路」2020年の完成を目指して着々とリニューアル工事が進行中の、福岡空港国内線ターミナル「greenblue(グリーンブルー)」。その3Fに出現した“もうひとつの滑走路”へ、行ってきました。

そこは、めくるめくラーメンスポット

11/21(火)に、福岡空港国内線ターミナル3Fにオープンした「ラーメン滑走路」。「空港でラーメン」といえば、出発前にさっと食べられて便利よねー、思いきや、それだけではありません。

飛行機に乗るわけでもないのに、ぶらっと空港に出かけたくなる…そんな、一大ラーメンスポットが、突如出現しているんです! 早くも話題沸騰の「ラーメン滑走路」。飛行機に乗る予定が無くても、早速足を運ぶべき5つの理由を教えちゃいます。
 

理由① 10件中6件が九州初出店! ラーメン好きを唸らせます

ラーメン滑走路に集結したのは全10店舗(うち1店舗はスイーツ店)。有名店から知る人ぞ知る名店まで、バラエティ豊かな店舗がズラリと揃い、10店舗中6店舗が九州初出店、というのも見逃せません!

福岡空港で22年間営業し、満を持してリニューアルした「屋台ラーメン玉龍」、ジェノベーゼ&豚骨ラーメンに想像が膨らむ「ラーメン海鳴」、かつて福岡のラーメン好きを魅了した「五行」が期間限定で復活し、“元祖泡系”で有名な「博多一幸舎」は今回初めて屋台系ラーメンに挑戦します。

また、九州初出店の面々は、濃厚とんこつ魚介つけ麺の「つじ田」、新宿ゴールデン街から生まれた“すごい煮干しラーメン”が気になる「ラーメン 凪」、女性も食べやすい“トマトとんこつ”などユニークなメニューが楽しい「まんかい」、北海道以外で初出店、すべての素材を北海道産にこだわる「弟子屈ラーメン」、限りなく薄くふわっとしたワンタンは必食ものの「ワンタンメンの満月」
上段左から、「ラーメン凪」(東京★、11/28から営業予定)、「博多焦がし味噌専門 五行」(東京)、「まんかい」(大阪★)、中段左から「屋台ラーメン玉龍」(福岡)、「弟子屈ラーメン」(北海道★)、「ラーメン海鳴」(福岡)、下段左から「博多一幸舎」(福岡)、「ワンタンメンの満月」(山形★)、「つじ田」(東京★)。(★が付いているのは九州初出店)

理由② 100店舗以上を実食し、選び抜かれた精鋭たち

今回出店したのは、厳選された店ばかり。福岡空港の店舗開発担当者たちが、北は北海道、南は鹿児島まで、全国各地に足を運んで食べたラーメンは、なんと100杯以上。その中でも、「ここは!」という店に声をかけて、出店が実現しました。
各店の店長がズラリと勢ぞろい
内覧会では、各店の店長が勢ぞろい。「おいしいものを食べさせてくれそう!」という期待が、ムクムクと湧いてきます。

理由③ 甘いものは別腹! 西日本初登場の贅沢スイーツ

そして、女子的に今回注目したいのが「茶寮 伊藤園」のスイーツ。茶道のお点前にも使用されている、お茶会用の抹茶を使った「抹茶白玉あずきソフトクリーム」や、「ほうじ茶ソフトあんみつ」などのほか、抹茶ラテやフローズン、さらには「抹茶ソーダ」など珍しいメニューも! 

抹茶白玉あずきソフトクリーム

ラーメンで火照った舌と胃袋を、ひんやり甘く労わってくれるスイーツです。また、九州にちなんで「八女茶」や「嬉野茶」を煎茶で楽しめるのも、ホッとしますね。

理由④ “滑走路”がモチーフ、ディテールにもこだわった内装は必見!

ラーメン店を集めた施設は数あれど、「滑走路」とはユニークなネーミング。この名前には「知る人ぞ知るラーメン店が福岡空港に着陸し、有名になって全国へ飛び立ってほしい」という思いが込められているそう。また、ネーミングだけでなく、内装にも細やかなこだわりがちりばめられています。

エントランスですぐに気が付くのが、滑走路に見立てた内装。床の「34」は、実際に福岡空港の滑走路にかかれている「磁方位」を表す数字と同じというこだわりようです。
反対側のエントランスにはもう一つ数字が書かれているので、そちらは現地で探してみて!

また、各店舗の入り口は「H鋼」を使って滑走路横の整備工場風に仕立てられています。
H鋼を使った工場風デザインもシック
ほかにも、ライトは誘導灯を模しているほか、天井のオブジェは滑走路に着陸していく飛行機の主翼をイメージするなど、飛行機ファンならずともグッとくる仕掛けが満載です。

飛び立つ飛行機気分?

理由⑤ 空港はいまや、注目のグルメスポット集中地帯!

ラーメン滑走路のオープンに湧く福岡空港ですが、ほかにも、福岡の隠れた傑作メニューやココでしか味わえないメニューがズラリと並んだ2階フードホール「the foodtimes(フードタイムズ)」、有名寿司店やステーキハウス、とんかつ店が軒を連ねる3階の「DELICIOUS LANE(デリシャスレーン)」など、バラエティー豊かなグルメスポットが満載。

「何かおいしいもの食べに、空港に行こうか」

そんな誘い方だって、できちゃう空港なんです。出張してきた同僚や、旅行の合間にちょっとだけ会おう!という友達とだって、ゆっくり食事が楽しめるのも嬉しいですよね。

おまけ 迷子になりそうなら、呪文は「中央エレベーター」

絶賛工事中の福岡空港国内線ターミナルビル。「最近しばらく行ってない」という人は、その変わりようにちょっと驚くかもしれません。見慣れた景色と違うこともあるので、無事に3階にたどり着けるかな。。。という人は1階で「中央エレベーター」を探して。
これは3F部分。1F部分にも「中央エレベーター」と書いてあります
このエレベーターなら、3階のラーメン滑走路のすぐ横に直行できますよ!
さあ。ラーメン食べに、テイクオフ!!
 
ラーメン滑走路
福岡市博多区下臼井778-1 福岡空港国内線ターミナルビル3F
10:00~21:45(21:00OS)
無休