西新で旬の地元食材と日本酒を楽しむ!~柚-はなゆ-さん~

先日、ふらりとランチでお邪魔した西新の柚(はなゆ)さん。
我が家の魚好き男子たちに好評だったので、夜にお邪魔してきました。


お店はCafe Norynoさんが1階に入るビルの2階にあります。
もともと隠れ家感があるのですが、夜になるとますます隠れ家感満載です。


まずはおつまみセットをオーダーしました。
向かって左から、生わさびイカ肝塩辛、自家製辛子明太子、ポテトサラダ、鰹の酒盗、葉わさびです。
一品一品に丁寧なお仕事が感じられます。


寒北斗の超辛口純米原酒、超キレキレの30VISION 壽限無(さんまるびじょんじゅげむ)と一緒に頂きます。
純米酒の辛口ってとっても珍しいので、メニューで見つけて「やったー!」と小躍りしてしまいました。
お米の柔らかさを感じさせながらもスッキリとした仕上がりで、どんなお料理にも相性抜群。
福岡って日本酒もおいしいんだなぁとしみじみ感じます。


鶏もも炊いたやつの唐揚げです。
その名の通り、一度ふっくらと炊き上げた鶏もも肉をカリッと揚げてあります。
子どもはもちろん、大人も大好きな一品。


あげまきの木の芽焼きです。
口に入れた瞬間に木の芽の香りと磯の香りがふんわり漂います。
初夏を感じさせる美味しさ。


小3男子はおひとり様限定の夜定食を特別にオーダー。
おひとりで来店されたお客様のみ、ランチメニューが夜も同じ価格で食べられるのですが、今回は子どもだからと言う事で息子もおひとり様枠に仲間入り。
ご主人のお心遣いに感謝です。


特選鮮魚お刺身盛り合わせ定食(1050円)です。
本当はご飯やお味噌汁と一緒に日替わり三種盛もついてきますが、前菜とかぶるとのことで三種盛なしでお刺身大盛りに!
お刺身好き男子は大喜びです。


福岡でおなじみの「あぶってかも」。
なぜスズメダイの塩焼きがかもに…と思ってしまいますが、その由来には諸説あるそうで、一説には「あぶってすぐ食べると鴨の味がするから」と言われています。
でも、個人的には「あぶってすぐ噛むから「あぶってかも」になったという説の方が正しい気が…。

うろこもパリッと焼き上げてあるのでバリバリと食べられます。
香ばしくてこれまたお酒がすすみます…すすみすぎて、この後オーダーしたお料理の写真を撮り忘れると言う失態。


最後はざるそばで〆です。
ご主人が手打ちされているとのことで、その辺のお蕎麦屋さん顔負けのレベルです。
そばの香りとつるっとしたのど越しが嬉しい。


柚-はなゆ-
(↑クリックするとお店のURLにとびます)

〒814-0002
福岡県福岡市早良区西新5-8-26 リバーケープビル2F(カワサキネームの2F)
TEL: 092-834-9382

ご主人のご実家は某有名ふぐやさんとのことで、その確かなお仕事にも納得。
辛口純米酒を楽しみにまた伺いたいと思います。
地域レポーター foodstylist hanacoさん
フードスタイリストとしてメニュー開発、フードライター、料理講師など幅広く活動しています。食関係の通訳、翻訳、英語講師と英語のお仕事も少々。のほほんな1児の母です。

情報は2018年5月25日時点