グルメ

【糸島】天然真鯛を100%使った「だしスープっ鯛!!」で作った新メニュー登場!?

海と山、自然に囲まれている糸島。そこでとれる豊かな食材も魅力の1つです。
実は、糸島でとれる、天然真鯛の漁獲量は7年連続で日本一(2011年~2017年、農林水産省より)なんです!
そこで、株式会社やますえ×博多女子高校が商品開発し、糸島の地域資源をふんだんに活用した「だしスープっ鯛!!」を作りました。その糸島産天然真鯛だしスープを活用したメニューを、糸島市内の飲食店が考案。試食会に参加してきました。

「ピリ辛で、お酒にもよく合います! 今日から店頭でも出します」と「駅前のバル」の代表取締役・馬淵崇さん。

見た目も華やかな〝ペスカトーレ・フナンコシ”


船越のペスカトーレ、通称〝ペスカトーレ・フナンコシ”。
元々人気の、天然ハマグリを使った「加布里のペスカトーレ(トマトベース)」の、天然真鯛を使ったアレンジメニューです。
旬の船越産コウイカと、糸島産天然真鯛だしスープがマッチ。
フェットチーネに白ワインベースのスープが絡んですすみます。

鯛の切り身入り! 「鯛だしまる糸ちゃんぽん」

「鯛の切り身入りで、糸島産小麦100%の麺も、だしもも、可能な限り糸島のものを使用しています」と(株)やますえの営業部・糸島専門営業員の平塚和広さん。

パッケージの中身は、これです。

野菜を加えて調理すると立派なちゃんぽんに!
もちもちの麺と優しい味わいのスープです。鯛もふわっとしていてGOOD.
(株)やますえ×JF糸島(糸島漁業協同組合)×JA糸島(糸島農業協同組合)と3社のコラボ商品です。3月14日から、(株)やますえ、志摩の四季、伊都菜彩で発売していて、早くも人気です。
 

鯛と明太子のコラボ!

そして、おしゃれバー「マカロニ」の「明鯛リゾット」。
福岡産の2大食材が合わない訳がありません。香ばしく炙った真鯛の切り身を贅沢にオン。
「だしスープっ鯛!!」を開発した(株)やますえさんの明太子を使用しています。

2度おいしい! 「鯛だし大福茶そば」


「旨海寿」の「鯛だし大福茶そば」。「味にこだわり、そして見た目も美しく、楽しみながら食べていただけるのを追求しました」と「旨海寿」のスタッフ。
鯛だしとの相性のいい茶そばをまずは、鯛だしをかけて、くずしていただきます。
煮立つほど、旨みが凝縮され、さらに、ご飯を加えて雑炊風に! 
アカモクと牛皮が鯛だしスープにとろみをつけて絡み、
さらに鯛だしの旨みを余すことなく楽しめます。

鯛とカレーが出会った! 「だしスープカレーっ鯛」

鯛スープとカレーの融合は初めてでしたが、これまた合うんですね~。
鯛が主役になるような、絶妙なバランスで、野菜やシーフードもたっぷり!

最後の3品は今後、店頭でメニュー化を検討とのこと。
楽しみですね!




 
●糸島市企画部秘書広報課  ブランド推進係
●TEL 092-332-2079