グルメ 特集(グルメ)

福岡市内のおすすめカレー店6選・この夏食べるならこの一皿!

夏はカレーの季節。「なかなか食べられないけど狙って行きたい」…そんなカレーをピックアップしました。カレー屋さんたち、個性豊かすぎ~!
 

 

カレープレート 1000円 移動販売の「旅するクーネル」が、たまに高砂へ! 「CURRY NADO」で不定期開店しています。世界中を旅してスパイスや食を研究する店主が、“体が喜ぶもの”をデラックスに盛り込む一皿。一品ずつにこだわりが詰まっていて、最後の一口までワクワクが止まりません。「楽しませたい」気持ちがビシビシ来ます!
ナドーネル(旅するクーネル)
■福岡市中央区高砂2-11-1
 ※「CURRY NADO」の定休日(月曜)に間借り営業
■次回は8/6(月)11:00~売り切れまで
■facebook「旅するクーネル」で最新情報を更新中
チキンカレー 1000円 独学で世界中のカレーを研究。「まだまだ素人なんで」と店主は謙遜するものの、その味は、まだオープン1年とは思えないほど、カレー好き界隈で一気に有名になりました。マトンやラムキーマなど、カレーは日替わりで登場。この日は、丸鶏を使ったチキンカレー。汗が噴き出すスパイシーさの後に、鶏のうまみと甘みが追いかけてくる! 手づかみで骨までしゃぶって味わい尽くして。
Emerada(エメラダ)
■福岡市中央区六本松2-5-9
 ※「スナック園」で間借り営業
■TEL 090-2967-2927
■11:30~17:00、水曜休み 
■facebookで「Emerada」で検索
ポークカレー 1000円 西洋料理の経験から“ご飯に合う一番おいしいソース”を追求した結果、生まれたカレー。パプリカ、ゴボウ、タマネギが溶け込んだソースをベースに、柔らかで臭みのない「リバーワイルド」の豚肉の持つ味わいを最大限に生かしたポークカレーは、言わば“うま味の掛け算”。卓上スパイスで自分好みに味付けOKの、自由なお店です。
カレー屋moritoneri(モリトネリ)
■福岡市中央区六本松1-3-18 中村アパート101
■TEL 090-1168-9216
■11:30~15:00 OS、木曜休み
■営業状況はインスタグラムでチェック
 @kunihiro_takei
トンコツカレー 1000円~ ※価格は内容により変わります
たまの登場にも関わらずファンの多い一品。人気ラーメン居酒屋だけあって、豚骨スープがベース。ただ、具材は旬のもので、店主がその時に気になるカレーを作るため、二度と同じものには出会えません。とはいえ、何を食べてもハズレナシのお店ですから。期待は裏切りませんよ!取材日は、豚骨の髄まで入った「豚骨キーマ」。濃厚なうまみで、お酒と合わせたかった…(悶絶)!
土竜が俺を呼んでいる
■福岡市中央区大名1-9-18
■TEL 092-716-3388
■19:00~翌3:00(同2:00 OS、日曜・祝日は同0:00 OS)、不定休(主に日曜か月曜)
■カレー登場日はTwitterで告知。
 「もぐ俺」をチェック!
https://twitter.com/moguore
アルティメットミールス 2000円
※“手食”する人には、タンドリーチキンをサービス

南インドの定食“ミールス”専門店「CHAKRA」では、多彩なカレーやおかずをバナナの葉の上に投入し、混ぜながら好きな分量を口に運びます…手で! 「一番おいしく食べてほしいから、“手食”推奨です」と店主。味や香りに「触感」が加わる面白さを実感して(スプーン希望、って言っても大丈夫)。

CHAKRA(チャクラ)
■福岡市中央区今泉2-4-4 101
■TEL 092-713-0707
■ランチ 11:00~15:00、ディナー 17:00~21:00
 ※土曜、祝日は12:00~21:00、日曜休み
https://currychakra.com/
裏メニューのカレー 1080円予約が取れない人気店の裏メニュー! カレー好きの常連に出したまかないカレーにダメ出しされ料理人魂に火が。「クボカリー」の店主にアドバイスをもらい、専門店で購入した6~8種のスパイスをブレンドした本格派カレーです。ピリッと辛みがあり、レモンと自家製ピクルスで爽やか~。出会えたらラッキー。
藁焼(わらやき)みかん
■福岡市中央区春吉2-6-10
■TEL 092-712-0388
■18:00~翌3:00、日曜休み
https://www.facebook.com/藁焼-みかん-790880544268792/