美容&健康 ココロとカラダのミネラル

時間が守れないのは、大人のADHDタイプなのかも…

時間が守れない人は、何度も、大事なときでも遅れてしまうもの。それって何か原因があるの?臨床心理士の中島美鈴さんに話を聞きました。

大人のADHDタイプなのかも…
自分を責めず、工夫で時間管理を

時間に遅れる人や何ごともギリギリになる人。原因は、計画立てがきちんとできていないことが考えられます。そもそも時間の感覚がずれていることも。さらには集中しないといけない時でも、ふと目に入った別のことに夢中になってしまったり…。


◆ADHDタイプかも?

計画立てて作業を行うことが苦手。ミスが多い。約束を忘れる。手間がかかることを後回しにしがち…。ADHD(注意欠如・多動症障害)は、このような形で現れます。主な症状は「不注意」「多動性」「衝動性」。前頭前野を含む脳の働きに偏りがあると考えられています。

生活に大きな支障を来す症状の場合は薬が処方されますが、実は、それと診断されなくてもADHDタイプ(グレーゾーン)の人はたくさんいます。特に女性の場合は見つかりにくく、成績は優秀で仕事もバリバリ(目前のことはクリアできる)、でも家事(ゴール地点がはっきりとしないこと)はできないという人もいるのです。

また、「まだあれもこれもやっていない」と課題がたまり、イライラしたり不安になったり、やることが多すぎてパニックになったり。忘れてしまうことが多いのも特徴です。


◆工夫することでカバーできる

ADHDの実業家や社長が多いのも事実。優秀な秘書がいれば問題ないのです。秘書ではなくても、スケジュール帳に何でも書き込み、活用することで時間の管理はできます。このタイプの人はスケジュール帳を付けることは苦手でしょうが、やれば時間を味方にできます。そうすることで、自分を責めずに過ごせるようになりますよ。

ADHDタイプの人におすすめ

● 時計はアナログのものを使う(時間の感覚がつかみやすい)
● todo(やること)リストを付ける
● スケジュール帳を付ける

スケジュール帳の付け方(一例)
● いつまでに何をするかを設定 
やることを「見える化」。分かっていても後回しにするのを防ぐ。
● 大きな仕事は小さな仕事に
分けて予定を立てる
例えば「送別会の幹事をする」なら「店を探す」「予約」などなるべく細分化してハードルを低くする。
● ごほうびが大事
面倒なことを頑張った後のごほうびの設定を。目前にごほうびがないと後回しにしてしまう。

◆取材協力
臨床心理士、九州大学大学院
人間環境学府博士課程
中島美鈴 先生


時間管理を学ぶ、大人の集団認知行動療法研究参加者募集(参加要件あり)。「ADHDタイプの大人のための時間管理ワークブック」(中島美鈴・稲田尚子著)を使います。
timemana@hotmail.com