くらし ココロとカラダのミネラル

調整力は年齢と共に右肩下がり「老眼」

最近、視力が落ちてきた? 読者が気になる「老眼」について、その症状と対策などを光本拓也先生に教えてもらいました。

調整力は年齢と共に右肩下がりに
目的に合った眼鏡選びも大切!

◆具体的にはどんな症状?

一般的には“老眼”といわれていますが、専門的には「老視」といいます。「手元がはっきり見えない」「目がかすんで、スッキリしない」「見え方の質が悪くなった」「焦点(ピント)が合うまでに時間がかかる」といった症状が出ます。

◆原因は何ですか?  

加齢に伴う目の調節力の低下です。調節力とは、遠くや近くに焦点を合わせる力のことで、年齢と共に右肩下がりに落ちていきます。

目の中には、水晶体という透明で柔らかいレンズ形の組織があります。このレンズを、毛様体という筋肉が、引っ張ったり緩めたりして水晶体の形状を変化させ、ピントを合わせます。その調節力が弱くなったり、水晶体が硬くなったりすることが原因と考えられます。個人差はありますが、だいたい40代後半から症状が出てきます。
老眼にならない人はいませんが、近視の人の中には老眼鏡がなくても裸眼で新聞が読める人もいます。また、スマートフォンや書類などを頻繁に見る人は、老眼を自覚する機会が多いでしょう。

◆ほかの病気の可能性も?

人はピントが合った映像を無意識に見ていますが、実はそのためには、網膜や脳、瞳の大きさなどが、瞬時に協調し合う必要があります。目の不調を単なる老眼だと思い込んでしまったばっかりに、ドライアイや緑内障など、治療が必要な病気を見過ごす恐れもあります。中には、眼底出血が見つかり、糖尿病や高血圧症の可能性も考え、内科に紹介することもあります。 

◆何か対策は?

根本的な治療法は、まだ見つかっていません。老眼で困る場合は我慢せず、自分に合った矯正方法を生活に取り入れましょう。

対策として眼鏡やコンタクトを作る前に、“何をする時に使うか”をはっきりさせるのがコツ。遠近両用の眼鏡といってもレンズの性能によって使いやすさが変わるので、自分に合った眼鏡を選ぶことも大切です。

◆取材協力
福田眼科二丈クリニック
院長
光本拓也先生

 

「最近は遠近両用のコンタクトレンズも普及しています。初期の老眼ではモノビジョン法といって、片方は遠方を、片方は近方を明視する矯正方法もあります」
http://www.fukudaganka.jp/nijou/

リビング福岡2017年10月7日号掲載