くらし ココロとカラダのミネラル

誤嚥性(嚥下性)肺炎

健康な人でも、年を重ねると「嚥下(えんげ)機能」は低下。肺炎にかかるリスクが高まります。日頃から注意しておくべき点を聞きました。

自分のだ液で死んでしまう?
「不顕性誤嚥(ごえん)」に要注意

食べ物やだ液を、口から胃へ送る「嚥下」機能。脳血管疾患や加齢によって嚥下機能が低下し、誤って気管に入ってしまうことを「誤嚥」といいます。

誤嚥によって、だ液や胃液と一緒に細菌が肺に入り込んでしまうと、「誤嚥性肺炎」が引き起こされます。日本人の死因第3位の肺炎の中でも7割を占め、加齢とともに増加。予防が大変重要です。

◆睡眠時に無意識に誤嚥

「誤嚥」という名前から、食事の際に起きることが多いと思われがちですが、注意が必要なのは睡眠時。食事の際など、普段は嚥下困難が無い人にも起こりうる、「自覚症状のない誤嚥(不顕性誤嚥)」です。

加齢により飲みこむ力や飲みこみ反射が弱まったり、気管の感覚が鈍ると、睡眠時などに、むせなどの症状が無いまま、少量のだ液が気管に入る不顕性誤嚥を、気付かないうちに繰り返してしまいます。

この不顕性誤嚥によって、「誤嚥性肺炎」を発症する可能性が大幅に高くなります。

◆誤嚥対策と肺炎防止

まずは、嚥下機能が低下していないかをチェックしましょう。下記の中で気になる症状があれば、医療機関の受診をおすすめします。

日常的には、高齢者でも声を出して意識的に会話をすることや、カラオケで高い声を出したり大きめの声で歌うことが、呼吸筋や喉の筋力を維持し、嚥下機能の回復の一助に。体幹を支える筋肉の衰えを防ぐために、日頃から軽い運動を行うことも大事です。

また、だ液を「誤嚥」をするだけでは、肺炎にはなりません。問題は、だ液に細菌(主に歯周病菌)が含まれていること。口の中やのどを、常に清潔にしておくことが重要です。歯周病ケアに加え、寝る前にうがいをして咽頭に残った雑菌を落とすことも忘れずに。

さらに、肺炎球菌ワクチンの接種も予防策として有効です。

 嚥下障害チェック

下記の症状が1つでもよくある場合は、受診へ
● 食事中にむせる
● 物が飲みこみにくいと感じることがある
● のどや胸に食べ物が残ったり、つまった感じがすることがある
● 食後に声がかすれる
● 固いものが食べにくくなった
● 食事に時間がかかるようになった

◆取材協力
福岡山王病院
音声・嚥下センター部長
梅﨑 俊郎さん
「当センターの専門は、発声や飲み込みの障害です。嚥下障害や難治性誤嚥の中には、手術によって劇的に改善するものもあります。気軽にご相談を」
http://f-sanno.kouhoukai.or.jp/

リビング福岡6月9日号掲載