くらし ココロとカラダのミネラル

急な気温差でくしゃみや鼻水が止まらない…「寒暖差アレルギー」

止まらないくしゃみや鼻水。風邪や花粉症ではなく、“温度”が原因かもしれません。「寒暖差アレルギー」の症状と対策について聞きました。

「風邪は引いていないのに…」
原因不明の鼻炎、冬こそ要注意

寒い外から帰ってきた暖房の効いた部屋や、お風呂上がりの脱衣所などで、急にくしゃみや鼻水が止まらなくなり、しばらくすると収まる…ということはありませんか。もしかすると、「寒暖差アレルギー」という、気温差によって起こる鼻炎かもしれません。

◆花粉症などのアレルギー性鼻炎との違いは?

くしゃみや鼻水、鼻づまりなど、基本的には花粉症やハウスダストのようなアレルギー性鼻炎と同様の症状が出ます。しかし、スギ花粉やハウスダストのような原因となる物質がないのが特徴。アレルギー検査でも反応が出ません。

症状の違いでは、アレルギー性鼻炎のような目のかゆみや充血などは、寒暖差アレルギーでは見られません。そのほか、ストレスや食欲不振、胃の不調といった症状が出ることもあります。

◆原因と対策は?

急な気温差により自律神経のコントロールがうまくいかず、鼻粘膜の血管が収縮・膨張することが原因と考えられます。これは身体の構造上、誰にでも起こる現象ですが、その程度の差によって、アレルギー様の症状となって出てくる人がいます。

これから寒い季節はもちろん、夏場でも、空調による室温と外気温との差が大きくなるほど注意が必要です。衣類で調節するなどして対策をしましょう。

また、普段から充分な睡眠をとる、食べ過ぎや過度の飲酒を防ぐ、適度な運動をしてストレスを発散するなど、自律神経のバランスを整えておきましょう。

気温差のある環境でくしゃみや鼻水などの症状が出る人は、寒暖差アレルギーかもしれません。また、他のアレルギー性鼻炎と複合して起きている場合も。気になる症状があれば、耳鼻科などの専門医を受診してみましょう。

寒暖差アレルギーの特徴

● 繰り返すくしゃみ
● 透明で水のようにサラサラの鼻水・鼻づまり
● せきや熱は出ない
● 目のかゆみや充血はない
● イライラ、食欲不振、胃の不調がある場合も
● 暖かい環境から寒い環境へ行った時、またはその逆など、温度の変化で症状が出る
 
◆取材協力
はらぐち耳鼻咽喉科クリニック
院長 原口 正大先生
「くしゃみや鼻水が止まらないと、集中力が低下して仕事や受験勉強に支障が出ることも。早めの対策を行って、鼻炎とうまく付き合っていきましょう」
http://haraguchi-jibika.com/

※情報は掲載時点のものです