くらし

家が片付かない原因は、家族がつぶやく言い訳にヒントが! 家族みんなで片付け上手になる4STEP

今日も散らかってる…とため息。そんな毎日とおさらばするヒントは、家族がつぶやく言い訳に隠れていますよ。片付け上手な家族になれば、自由時間も増えるはず。浮いた時間は、習い事やランチなど自分のために使いましょう!


「家族の“片付けタイミング”を知らない」
「寝る前には片付ける」など、夫や子どものタイミングやペースを待つことも大切。それを知らないと、むやみに怒ってやる気を削いだり、先回りして片付けてしまう…ということに。一方で「いつまで待っても片付けない」という場合は、片付ける習慣やルールが家族間でうまく機能していないということ。
「家族内で“片付けのゴール”が同じじゃない」
テーブルに書類があるのを見て「出しっぱなし」と感じるか、「きちんと積んでいるからOK」と感じるかは人それぞれ。“ゴールの状態”が共有されていないと、自分では「キレイ」と思っている人に、ただ「片付けて」と言ってもどうしていいか分からない、ということになります。
「置き場所が定まっていない」

物をどこかに寄せて「片付けた!」と言われたことはありませんか。しまう場所が決まっていなければ、それは物の場所が移動しただけ。オモチャはこの箱、書類はこのファイル、脱いだ服はカゴに、など家族で「物の定位置」を共有できていないと混乱が生まれます。

 


「一気に完璧に!」というのはちょっと待って。それではリバウンドする可能性が高いんです。じっくり4つのステップで、着実に片付け上手へ!

ビジョンの認識

まずは、家でどんなふうに過ごしたいのか共有を。「少ないものでスッキリ過ごしたい」「物がすぐ取り出せて便利に暮らしたい」「子どもが遊びやすい・勉強しやすい家」など、家族の状況に合わせて話し合ってみましょう。

物の量を把握・価値観を共有する

次は、家にある物の量を把握。収納の約7割の量を目指して、取捨選択をしてください。その時活用したいのが右の図。床にマスキングテープを貼って、実際に仕分けするのもおススメです。「補欠」か「戦力外」で処分を迷うものは、一時保管後見直しを。

定位置を決める

物の量を減らし使用頻度などが把握できたら、いよいよ定位置の決定です。基本は“使うものは使う場所に”。そうすれば「後でしまおう」がなくなります。また、引き出しや食器棚などは「開けたらひと目で見えるか、奥に物が隠れてないか」が目安です。片付いた状態を写真に撮っておくと、定位置が分かりやすくて◎。

習慣化&見直し

リバウンド防止には、寝る前や週末など「片付いた状態にリセット」する習慣が大切。子どもには3分砂時計を使い「お片付けタイム!」とゲーム感覚でもOK。それでもすぐに散らかるなら、定位置が合っていない場合も。こまめに見直し「できる習慣」に改善を。
 

「もしも?」の時を考えて

「家族に任せると時間もかかるし、やっぱり自分で片付ける方が早い」という思いからは、もう卒業! 家族(特に夫)には、「もし私が入院したら」「もし大災害が起きたら」と、「もしも」の時を想像してもらいましょう。家の状況を把握しているのが1人だけという状態は、リスクが高いということを理解してもらうことが大切です。


 かさばるプリント管理なら
スマートフォンアプリで保存&情報共有!

学校からのおたよりや行事予定表は、家族で共有しておきたい情報がいっぱい。なくしても大丈夫なように、スマホのアプリなどを活用して、デジタル保存もしておきましょう。
おたよりBOX
学校のおたより保存に特化したアプリ。書類を写真で保存し、子ども別に色分け可能。家族間で情報共有できるほか、持ち物登録もでき、イベント前に通知を受け取れば忘れ物対策にも。
●iPhone/Android対応
●月額500円(初回2カ月無料)

思い出丸ごと残すなら
工作や絵画など子どもの力作は、動画で保存

せっかく作った作品を捨てがたい…そんな時は子どもに作品を持たせるなどして動画撮影! 「工夫したところ」「こだわったところ」などを聞きながら全体像を撮影しておけば、物は処分しても、フレッシュな思い出が残ります。
動画は子どもの成長記録にも

主婦だから、片付け上手?

学校で習ったわけでもないのに、なぜか「主婦なら片付けできて当たり前」と思われがち。しかし家族で片付け習慣がないと、主婦だけが頑張ってもリバウンドする一方です。この機会に、1人に負担が偏らない仕組みを作りましょう!

「片付けは嫌じゃない」とイメージ戦略

「片付け」=「怒られる」「不満を言われる」となると、「やりたくないこと」とマイナスな感情に。そうならないように、家族と片付ける時は、「ありがとう!」「きれいになったね」と笑顔で声掛けするなど、イメージ戦略も大切です。

[ 教えてくれた人 ]
ライフスタイルコーディネート ソートフル代表
宮崎佐智子さん
整理収納アドバイザー1級・ハウスキーピングコーディネーターなどの多彩な資格を生かして活躍中。アドラー心理学を活用した片付け術の講演会も多数行う
http://thoughtful-life.com/
【2月27日、片づけ講座開催!】
今回取材した宮崎さんの片付け講座を、リビング主催で開催します。講座ではより実践的で詳しい内容を聞くことができますよ。
▼申し込みなど詳しくはこちら
https://www.livingfk.com/culture/archives/2007