くらし インドで駐妻ひちゃがちゃ日記

インド料理レストラン

インドにやってきたからにはインド料理を食べなきゃ始まらない!
ということで、地元民にも外国人にもわりと評判が良いというインディアンレストランでランチしてきました。

お通し(?)と思われるもの

席に着くとまず、これが運ばれてきました。
バターピーナッツです。
子どもたちは大喜び! 大人も嬉しい♪
食べだしたら止まりません。

お次はこれ。
たぶんピクルスと思われます。
インドのローカルレストランで出されるこういった生野菜系の食べ物は、おなかが痛くなる可能性があるため、食べないようにしています。
なので、これは未食。お味はわかりません。
しかし、インドのローカルレストランではよく見かける定番の前菜です。いつかトライしてみたいな。

1本の値段で3本!?ミラクルなビール

インドで最もポピュラーなビールが、「KINGFISHER(キングフィッシャー)」。
世界一プリン体が多いらしいですが、苦みがきつくなく、あっさりして飲みやすいビールです。
これを1本注文したところ、「1本の値段で3本ついてくるけどいい?」と聞かれました!意味がわかりません(笑)
もちろん歓迎ですが!
OKと答えると、本当に3本きました。(値段的にも一般の小売店より割安でした)
どうなってるんだインド!?ミラクル!

チキンティッカ

子連れだったので、ノーチリ、ノースパイシー でオーダーしました。
が、子どもたちは一口食べて辛いとギブ・・・。
大人にとっては辛いとは思えなかったのですが。。
この通り見た目も赤くないです。

しかしノースパイシーでオーダーしたものの、ここはインド、きっと臭み消しなどの下味にスパイスが使われているのかもしれません。
子どもにとっては、少しでもスパイスの風味がする=辛いなのかもしれません。
個人的には普通においしかったです。

ガーリックシュリンプ(プラウン)

海老って、英語では「shrimp(シュリンプ)」だと思っていましたが、インドではもっぱら「prawn(プラウン)」といいます。シュリンプと言って通じたことはありません(笑)。違いはわかりません。
さて、これもノーチリ、ノースパイシーでオーダーしたのですが。
見た目はなんとなくアヒージョにも似ています。
食べてみると、しょうがとニンニクがよく効いてます。
だから大人にとっては辛くはないのですが、子どもにとっては辛い となってしまいました。
これも個人的には好みでした。

バターチキンカレー

メニューを見て最初に店員さんに「辛くなくて子どもでも食べられる料理の中でおすすめはどれ?」と聞いて、
おすすめされたものです。
これは、子どもでも食べられました。
マイルドでおいしかった~。大人も子どもも大満足!

プレーンナンとチーズナン

これはダークホースの大当たり!
子どもたちはチーズナンのことをピザ、ピザと言い、ピザおかわり!と(笑)。次から次へと食べ進め、あっという間になくなりました。リピート必至のお味です。

インド流お口直し

これはインドのローカルレストランで食後に出てくる定番のもの。
ハーブと氷砂糖です。スプーンでそれぞれ少しずつすくって手のひらにのせ、一緒に口に含みます。
日本でいう食後のガム的なスーッとする爽快感が口に広がります。

子どもにとってはお菓子感覚。
ただし氷砂糖なので虫歯が心配。食べすぎ注意です(笑)

番外編~虫取りラケット~

このレストランで初めて見たもの、それは「虫取りラケット」!
正式名称ではありませんが、充電式のハエタタキのようなもので、充電してある状態で虫めがけてスイッチを押すと瞬殺です!
レストランで店員さんがハエを見つけると即座にこれを使っていました。

初めて見たときにはびっくり!しかし便利なものだなーと感心。
後日買い求めることとなったのでした(笑)