前原歩帖、糸島を行く/第10話「糸島の桜を見てみよう。池田川編」

3月も半ばを過ぎ、ソメイヨシノの開花はそろそろでしょうか。前原歩帖です。
ということで、糸島の桜の名所を、佐波編、笹山編、池田川編の三本立てで紹介しています。

今日ご紹介するのは、糸島市の波多江エリアにある池田川河畔の桜です。池田川は、瑞梅寺(ずいばいじ)川の大字池田あたりからの通称です。

桜が咲くと、国道202号バイパスと国道202号「池田川橋」の間、650メートルの両岸が見事な桜並木となります。

まず最初に断っておきます。駐車場がほぼありません。
せっかくなので、JR筑肥線で行ってみましょう。最寄駅は波多江駅になります。
 ここは車体が赤、青、白と色々な電車が通るので、それを見るのも良いですね。電車好きの子どもも見飽きないかも。 

川に沿って道があるので、皆さん思い思いに散歩を楽しまれています。 
上流側から下流を見るとソメイヨシノがズラッと並んで壮観です。

電車と桜を一枚に押さえようとカメラを構える人がたくさん。

池田川の桜並木は地元の人の手により維持され、毎年美しい花を咲かせています。

 桜と電車と河川の構図の組み合わせは無限大。あなたらしい記念写真を納めてください。

ということで、三本立てでお送りした、糸島の桜の紹介は今回まで。

ほかにも、加布里の加布里公園、二丈深江の鎮懐石八幡宮、二丈松国の一本桜、志摩船越の綿積神社など、あちこち見どころがありますよ。ただし、ゴミのポイ捨て、違法駐車、周囲への迷惑行為など、マナー違反はおやめください。

糸島をぶらぶら、寄り道を楽しんで、お時間あったら前原にお立ち寄りください。

前原歩帖
筑前前原駅から歩ける範囲に、宿場とレトロと今が織り交ざる街・前原。そんな街で、思わず寄り道したくなる情報を緩やかに発信します。
■Facebook「前原歩帖」 
 https://www.facebook.com/maebaru.hocho/
■インスタグラム 
 www.instagram.com/maebaru.hocho