まち・地元 北九州大辞典

“ものづくりスピリット”を世界へ発信「安川電機」

時代の最先端を進む世界的なメーカー企業

溶接や組み立てなどを行う“産業用ロボット”、機械をスムーズに動かすために欠かせない“サーボモータ”や“インバータ”などの製造が世界的に高いシェアを誇る「安川電機」。創業は1915年。遠賀郡黒崎町(現在の八幡西区黒崎)で、炭坑用電機品の製造からスタートしました。 本社外観。「ロボット村」敷地内にある「YASKAWAの森」は市民の憩いの広場として開放。一般の人でも自由に散策することができます特殊品の一品生産だったため利益が上がらず、当初は赤字経営が続きました。その後試行錯誤の技術開発を経て、1920年代後半に「スーパシンクロナスモータ」や「ボールベアリング付電動機(モータ)」がヒットし、急速に業績が拡大。1977年には日本初の全電気式産業ロボットを生み出し、世界の主力産業を支える企業へと成長しました。

創立100周年記念「ロボット村」オープン

創立100周年を記念して、本社事業所全体を「ロボット村」として整備し、6月にオープン。敷地内にある「安川電機みらい館」では、同社の歴史や先端技術、未来展望を学べるほか、最新の医療用ロボットやミニカーの組み立てロボットなど、その魅力を体験・見学することができます。
「安川電機みらい館」外観。約50台ものロボット展示を通して、同社のものづくりのすごさを体感することができます。大人も子どもも楽しめる内容です「たくさんの人たちに足を運んでもらい、産業用ロボットのすごさを、一般の人にももっと知ってほしい。また、理系離れが進む現代の子どもたちに、ものづくりの楽しさを伝えたい」と館長・岡林千夫さん。将来、同館を訪れた子どもたちの中から、世界的に活躍する技術者が誕生するかもしれません。
サービスロボット「やすかわくん」が、ソフトクリームを提供(有料)産業用ロボット「モートマン」とゲーム対決!
【みらい館・ロボット工場見学】
[住所]八幡西区黒崎城石2の1
[TEL]093(645)7705
[申し込み受け付け時間]午前9時~午後4時
[休]土日・祝日
[入場料]無料 
※事前予約が必要。見学は小学5年生から。10人から60人までの団体のみ受け付け

リビング北九州2015年7月18日号掲載 ※情報は掲載時点のものです