おでかけ 九州ざんまいWeb

【#行ったよ日田】女子旅ならここ!満足グルメ3選【おんせん県おおいたスイーツ旅①】

福岡から日帰りでき、この時期おでかけしたくなる“おんせん県おおいた”。温泉や自然を楽しめると人気のスポットですが、女子旅ならスイーツやグルメもしっかり味わいたい!

今回は編集部員が訪れた日田市のオススメスポットから、3つを厳選して紹介します。

 

その1 実はスイーツも人気!?
「すてーき茶寮(さりょう) 和くら」

三隈川の美しい水面や亀山(きざん)公園の自然、上質なインテリアに囲まれて鉄板焼ステーキを味わえると評判の「すてーき茶寮 和くら」。
そんな五感で堪能できるステーキだけでなく、カフェタイムに味わいたいスイーツがあるのもご存知ですか?
フレッシュな卵と濃厚な牛乳、てんさい糖の3つだけで作られたプリンは、シンプルなのにコク深くまろやかな味わい。しっとりとしたクッキーは、シナモンやクミンなどのスパイスがふんわり香ります。「和くらのこくまろプリン」400円/和くらスパイスクッキー4枚入り(500円)大正時代の趣を感じる和風建築と、上質な北欧のインテリアに囲まれた店内でゆったり過ごす時間に癒されて。
【住所】大分県日田市隈2-4-13
【営業時間】ランチ12:00~14:30OS、ディナー17:00~21:00OS
【定休日】第1水曜
【HP】http://www.wakura.com/
 

その2 ランチに食べたいイタリアンかま玉うどん
「たかむら」

日帰りでの旅行なら、ランチも現地でステキに味わいたいですよね。城下町の街並みや花月川の自然を楽しみながら、豆田町中心部から徒歩で約5分の場所にあるのが、コシの強い“富士吉田うどん”を味わえる「たかむら」。
看板には「NO UDON NO LIFE」の文字が。富士吉田うどんの本場・山梨で修業を積んだ職人が作るこだわりの1杯を楽しめます。
特に「かま玉バターチーズ」は、カルボナーラのようなクリーミーさとしょうゆとダシの“和”な味わい、麺のコシの強さという組み合わせがベストマッチ。「かま玉バターチーズ定食」750円メニューの裏には同店こだわりの食べ方が。定食で注文するとセットになるごはんをスープに入れ、最後の一滴まで完食する人が続出するそう。「なめらかでイタリアンなうどん」と同店オススメの味をぜひ食べてみて。
【住所】大分県日田市丸山1-7-8
【営業時間】11:00~15:00、17:00~21:00
【定休日】月・木曜(11:00~15:00は営業)
 

その3 お土産選びにオススメ!
「豆田ロール粋(すい)」

グルメや観光と同時に、お土産選びも旅の醍醐味(だいごみ)。せっかくなら町の名前が付いたご当地スイーツはいかが?
そんなときにオススメなのが、「豆田ロール粋」のチーズロールとシュークリーム。
「チーズロール」は大きなスフレ状のチーズケーキを生地に大胆に使用。中のクリームにもチーズが使用され、しっとりとろけるような食感が口の中でふわっと広がります。
豆田町の散策が終わったら、親しい人へのおみやげ選びに立ち寄ってみて!
【住所】大分県日田市豆田町11-8
【営業時間】10:30~17:30
【定休日】不定休
【Face book】https://www.facebook.com/%E8%B1%86%E7%94%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%B2%8B-110920745669486/

歴史ある街並みと自然が近く、のんびりと散策を楽しめる日田市。特別な休日のおでかけにも、気軽に散策を楽しみたい時にもオススメなので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

現地に遊びに出かけたら、その楽しさを伝えるのも大切な支援!
福岡、大分両県に甚大な被害をもたらした九州北部豪雨以降、西日本リビング新聞社では引き続き「#行ったよ」プロジェクトを実施中。

 

インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどSNSで「#行ったよ〇〇」と町の名前を付けて、楽しい様子やご当地グルメ、買ったお土産などを投稿してください。風評被害に困っている、うきは、湯布院、九重、玖珠、中津など周辺地域の情報もぜひ。
詳しくはこちら▼
https://home.livingfk.com/content/fsupport/1209